釧路市双葉町の美容室JIN(ジンへアーインプレッション)。ヘアースタイルでお悩みの方はご相談ください。

the 出汁3

未だに出汁の研究をしている。

 

昆布カツ節をいくら買って、作ったかも数しれず。

 

そんな中、これはと言える味噌汁が誕生した。

 

なずけて、「贅沢カジカ汁。」

 

ある日、いつものようにスーパーに行ってみると

 

なぜだかわからないが、鮮魚コーナーで足が止まった。

 

「これ、味噌汁に入れてみたらおいしんじゃね?」

 

それは、カジカだ。

 

なんの根拠もなく、頭に浮かんだ。

 

でも、カジカの味噌汁のつくり方は全くわからない。

 

そして、数日前の悪夢が甦る。

 

ストーリーはこんな感じだ。

 

まず刺身用のエビを買ってきて

 

これ入れたらおいしんじゃね?と思い

 

エビの頭を出汁に入れること数分。

 

出来上がってきたのは、生臭い味噌汁。

 

「なんだこりゃ~。」

 

こんなまずいもの、飲めたもんじゃない。

 

ジャバジャバ。

 

シンクに流し込んだ。

 

そんな数日前の思いが浮かんできが、

 

懲りずに、今度こそはと意気込む。

 

そんな思いで作り始めたカジカ汁。

 

まず、つくり方がわからない。

 

そこで、スーパーでカジカを手にしたとき、

 

一人の50代過ぎのおばちゃんと、私と目が合う。

 

そこで私は、失礼を承知で訪ねた。

 

「すいません、カジカの味噌汁作ったことはありますか?」

 

おばちゃんは、もちろんYES。

 

ホット胸をなで下ろした。

 

そこから、おばちゃんの講習は始まった。

 

まず、お湯を沸かし魚にまんべんなくお湯をかける。

 

この時に大事なのは、あまりかけすぎると身がボロボロになり

 

食べるところなくなるからね。

 

そうすると、臭みも消えてあとは味噌汁に入れるだけだよと

 

優しく教えてくれた。

 

これで、今日の味噌汁は完璧だと思い

 

カジカを握りしめながら、家に向かう。

 

かじか・かじか・かじか

 

カジカ、今おいしい味噌汁にしてやるからなと

 

叫びながら。

 

つづく

 

コメントは受け付けていません。