釧路市双葉町の美容室JIN(ジンへアーインプレッション)。ヘアースタイルでお悩みの方はご相談ください。

The 出汁

 

ここ数か月、出汁にこだわってます。

 

料理人を目指してるわけではないのですが、

 

なぜか、おいしいご飯を食べたく研究し始めました。

 

 

やっぱり出汁の効いてるものと、効いていないものは

 

同じ料理でも全く味が違い、もっと味わい深い料理が作りたい食べたい

 

と思った。

 

そして、昔からご飯を食べ歩き、おいしい料理が出るところは

 

まず、出汁が効いている。

 

日本料理はもちろん、イタリアンやフレンチなどなど。

 

出汁の偉大さ、恐るべし。

 

 

スーパーにいき、カツオ節と昆布を買うことに。

 

なにを、買ったらよいかもわからず棚を見ること数分。

 

カツを節を手に取る。

 

全くわかりません。

 

目に移りこむものは、値段の安いか高いかだけ。

 

結果、最初に買ったものは、お手頃なカツオ節と昆布をカゴに入れる。

 

 

にやけながら、レジに足を運ぶ。

 

何作ろうかな~なんて・・・?

 

 

家に到着、キッチンに立つ。

 

「やるぞ~。」

 

気合は入った。

 

この後、思いもよらない出汁物語がはじまる。

 

 

水に昆布を浸し切れ目をいれ、置くこと数時間。

 

昆布の出汁が出たと思い、沸騰させる直前でカツオ節を

 

いれること数分で火を止める。

 

出汁ができ、どんな料理ができるかなど思い浮かべながら、

 

ニヤリと笑う。

 

「しめしめ・・・」

 

 

まずは基本中の基本、味噌汁。

 

出汁を沸かし具を入れる。

 

具は、「長ネギのみ。」

 

あまり色々な物を入れると、出汁の味がわからなくなると思った。

 

そして、味噌をいれた。

 

初の出汁から作った味噌汁が出来上がりお椀にもった。

 

すると五感のなかでまず刺激されたのは、視覚だ。

 

特に変わったわけでもなく、長ネギだけなので

 

皆さんが思ったとおりの、味噌汁だった。

 

もっと、刻み方も考えたほうがよかったかな~なんて思いながら。

 

そして、次は嗅覚。

 

これは、カツオ節の臭いはしているものの、なんだか胡散臭く

 

素人が作りましたよと言わんばかりの、カツオの臭いが

 

鼻をつく。

 

カツオ節臭く、なんだか安っぽい臭だった。

 

なぜなぜなぜ?と思いながら。

 

そうすると、頭の中ではこんな絵が浮かんできた。

 

カツオ節君が、お椀の中で「ハロー」なんて手振りながら泳いでるかのようだ。

 

ハローハローはろ~~~~~!

 

つづく。

コメントは受け付けていません。