釧路市双葉町jin ヘアースタイル・ダメージヘアーでお悩みの方お助け致します。

Archive for 'JINのこだわり'

冬キャンプ NO.2 -40℃

 

デポの冬靴売り場に着くと、正直何を買っていいかわからない。

値段も、三千円~二万円くらい。

履いてみるが、多少の違いはあるが

どれがいいのかわからない。

 

そんな時、先輩が「あまり履かないなら安いやつ買え」と。

確かに、あまり履く機会は私の中では少なそうだ。

そう思い、5千円前後の靴を数足履いてみた。

正直、どれもあまり変わらない。

というかこれで暖かいのかと疑問に思った。

「どうしよ~。」

と、思っていたら一足だけ値段が書いてない長靴があった。

「-40℃?」

もしかして、-40℃にも耐えれるのではないかと思った?

長靴の名前は、「ケミック」聞いたこともない。

どこのメーカの長靴かもわからない。

 

そして、履いてみると妙に足にフィットする。

今まで、履いてきた五千円前後の防寒の靴のどれよりも暖かそうだ。

買いたいとこだが、いくつかの問題が出てきた。

 

まず一つ、普通の長靴は車の中にあるのにまた長靴をかうのか?

二つ、この長靴を今日履いたら今度いつ履くのか?

三つ、値段が分からない。

長靴を見下ろし考えた。

「ん~~~?」

 

この三つの問題が購入を妨げる。

頭の中を整理する。

なぜ、この靴が今必要なのか?

それはこれから、楽しくキャンプする上で

足が冷たくならないようにという理由だ。

 

それを考えたら、購入すると決意。

そして、恐る恐るレジに向かう。

「いくらなんんだ、いくらなんだ~この長靴は~~。」

「五千円くらいならうれし~~~。」

そんなことを思いながら、ピッピピッピ~一万円です。

想をうわまったが、引き返すことはできない。

まいっかと思いお金を払う。

 

チョット予算をオーバーしたが

その後、驚くほど暖かいことに気づき

購入して、正解だった。

その後、まだ一回しか履いていない。

「やっぱり・・・・」

 

 

次回予告 キャンプ場到着。

バリバリ島 NO.15 病院に・・・・

 

仕事が終わると、気を張っていたせいか

どっと疲れが体を襲う。

ここ2・3日は、こんな感じだ。

しかも、熱が下がるどころか上がっている。

去年、熱が出たとき私の知人の医者は、こんなことを言っていた。

「風邪は3日寝てれば治るから病院なんか行かなくてもいい。」

「インフルエンザは一週間寝てれば治る。」

と、言っていた。

私もその言葉を信じていたが、3日待ったが治らない。

風邪ではないと思い病院へ。

病院に着くと、病人ばかりでよけい具合が悪くなりそうだ。

順番がなかなか回ってこない。

一時間過ぎても呼ばれない。

「う~う~。」

とてもでないけど、辛い。

何とも言えない辛さが身体を襲う。

そして、二時間が過ぎ、やっと呼ばれた。

診察室に呼ばれ、症状を言う。

「具合が悪い、熱も40℃近かったと・・・。」

そして、まずインフルエンザの検査。

しばらくすると、今度は血液検査。

さらに、レントゲン。

何だかわからないが、CT検査。

「まだ、わからんのかい?」

そんな思いで、診察室に。

「わかったのか~?」

医者「ん~・・・・?」

「・・・・・?」

医者「明日また来てください。」

「はぁ~?」

これだけ検査して、三時間以上ここにいてわからんのかい。

余計に、具合が悪くなる。

「何しにきたんだオレは?」

「ここは病院か?」

とも疑いたくなる。

そして、会計はいろんな検査をした結果

何もわからず一万円を払い病院を後にした。

何もわからないのに、金だけはいっちょ前にとるのかい~~~・・・・・。

「このやぶ医者が~~~~。」

「金かえせ~~~~~。」

 

次回予告 バリ島感想。 

バリバリ島 NO,14 なんで熱が・・・?

 

朝熱を測ると、38℃を超えている。

でも、仕事があることをが頭をよぎる。

「休むべきか、行くべきか?」

「ん~・・・・。」

 

喉は痛いが、身体は問題がない。

「出来る。」

と、自分にいい聞かせコンビニでマスクを買い仕事場に。

いつものように、お客さんを数人カットし、家に帰る。

そして、ダウン。

熱は全く下がるどころか、39℃を超えている。

 

 

あわや、40℃目前。

「おとなしく寝れば治る。」

そんなことを思いながら、布団に着く。

 

朝起きて熱を測ると、あまり変わらない。

昨日と同じように、「行くべきか、休むべきか?」

と、自問自答の時間が。

そして、私は仕事に行った。

また、調子は良くないがいつものように仕事をする。

そして、家に帰る。

熱が下がる気配はなく、段々つらくなる。

「う~う~。」

さすがにやばいな~と思いながら、夜間救急を携帯で探し始める。

電話をしようと思ったが、冷静になり電話をするのをやめた。

その理由は、明日行った方がいいと思い諦めた。

 

そして、どうしようもなく寝る。

次の日が来ても、全くよくなる気配がなく仕事に。

「今日は絶対、病院行かないとやばい。」

そんな思いで、仕事場に行き仕事が終わり

病院へ。

次回予告 病院に・・・・

 

 

 

バリバリ島 NO.12 今日何日?

 

ご飯を食べたあと、飛行場へ。

あ~楽しかったね~なんて話しながら、嫁はチケットを確認した。

そうすると、「あれ?今日16日だよね~。」

「そうだよ。」

嫁はチケットを、二度見三度見する。

チケットの日付は、何回見ても15日。

今日は、16日。

嫁は慌てた様子。

「どうしよ~どうしよ~???」と慌てる。

話を聞くと、帰国の日付は前日。

日にちを間違えたようだ。

嫁は、パニパニしているようだ。

私は「どうしよう,こうしよもないから飛行場行けばいんでない。」

そして、嫁は正気をを取り戻したかのように、

携帯で、帰りの飛行機を探す。

 

しばらく一生懸命探すが、残念ながら携帯では空きが確認できない。

嫁「どしよ~~~~・・・・・・?」

そんなことをしていると、飛行場に到着。

「チケット売り場いけば2人くらいあいてるだろ~???」

と、思って聞いてみたら

人生そんな甘くなく、空きがない。

 

そして、私は思いついた。

「もう一日遊んでいけばいんでねぇ~?」

「だって、帰れないんだから~。」

嫁は、私の話が聞こえてないようだ。

 

必死に携帯で探す。

すると、嫁は

「あった~。直行便でなければ帰れるよ~。」

そして、私は携帯を覗いた。

「あ~そうだよね~。」

「そうなりますよね~・・・・。」

チケット代は、2人でバリに来れる料金。

その時、嫁の指先に重圧がのしかかった。

 

押すか、押さないか?

押さなかったら帰れない。

チケット代は高額。

帰りたいけど、押したくない。

でも、帰らないと・・・・。

 

そして嫁は、息をのみながら

チケット購入ボタンをクリック。

「ポチポチポチポチ。」

私は、チラット嫁を見た。

そうすると、まるで鬼が連射しているよだに見えた。

 

そして一言。

「このお金があれば、もう一回これたね~。」

と、嫁は目を吊り上げながらつぶやいた。

 

残念な顔をした2人は、バリを後にした。

「ああああああああああああああああ~~~~」

 

教訓、旅行行くときはチケットを確認すべし!

 

次回予告 またもや悲劇が・・・

 

「今日はどこにいく~!!!」 ベトナムニャチャン4

 

そんな、ビックなカタツムリを見て、

 

朝食を食べに、席に着くと

 

そこには、静かな波の音、ザザ~

 

綺麗な白い砂浜、青い海が待っていました。

 

 

残念ながら快晴とはいえません・・・。

 

天気は曇り⤵⤵⤵

 

ま~綺麗なビーチを見ながらの、朝食は最高です。

 

ざざざ~と、とても時間がゆっくり流れ、

 

とてもリラックスします。

 

(温度は30℃位)

 

 

そして、ご飯はこんな感じです。

 

 

アイスコーヒーは、とても美味しかったです。

 

 

いくつかの、5つ星ホテルは泊まりましたが、

 

私の経験上、朝食は東京のグランドハイッアットが

 

一番おいしく感動したのを覚えています。

 

 

そして、部屋に戻り前日買っていた

 

お茶を飲もうと、ペットボトルをあけ飲んでみると。

 

衝撃が走りました。

 

「なんだこりゃ~!」

 

ペットボトルのラベルを見てみると

 

なんと英語で「ジャパニーズ クオリティー」と書いるではないですか~。

 

(ボトル下)

 

 

 

「ホワイ ベトナムズ ピポー!!!」

 

 

「なんで、お茶に砂糖がたっぷり入っているんだ~~~~~。」

 

「甘すぎだ~~~~~~~~~~~~~。」

 

「これはお茶でな~い。ただの砂糖水だ~!」

 

とてもでないけど、飲めましぇ~ん。(ポイポイ。)

 

 

調べてみる、どうやらベトナム人は

 

かなり、甘党らしいです。

 

(私は、甘いものが大の苦手です。)

 

 

ベトナムニャチャンの、数々の喫茶店を行ってみましたが

 

全て、砂糖がたっぷり入っています。

 

注文の時は、私は調子の乗って

 

「NO,sugar」と・・・。

 

 

「ノーシュガー~~~~~~~~~~!」なんて

 

好きな人の前や、友達の前で、

 

英語でさらっとかっこつけるのも、いいかもしれません。

 

「ノーシュガー~~~~~~~~~ア~インミルクプリ~ズ!」

 

なんて・・・・

 

 

次回予告、町はどうなってる。