釧路市双葉町jin ヘアースタイル・ダメージヘアーでお悩みの方お助け致します。

Archive for '店長日記'

バリバリ島 NO.11 初めての〇〇焼き。

 

 

前日プットラと話し、私はインドネシアの家庭料理が

食べたいと言ったので、ガイドのプットラは、

「家でパーティーしようと!」

私はその場の乗りで「OKOK」

そして、プットラ実家に。

私の泊まっていたホテルから(スミニャック)

ウブドまで、車に乗ること二時間。

二階建ての建物もなく、畑ばかりで

のどかな、昭和初期の写真を見るようでした。

「なんかいいな~。」

 

プットラの家は、ヒンズー教の寺の住職で家もかなりでかい。

そんな家に行ったら、数十人のファミリーが待っていてくれました。

まさか、そんなにいるとは。

私は、インドネシア語もわからないので

アイコンタクトで・・・・?

 

そして、肝心な家庭料理。

どんなものが出てくるかは、あまり聞かされておらず

出てきたのがこれ。

じゃじゃ~ん。

 

 

豚、豚、豚の丸焼き~~~~。

見た目は、かなりのインパクトです。

「おおおおおおおおおおおお~。」

「どうやって食べるだ~。」

日本では豚の丸焼きは、お目にかかれんぞ~。

 

ワクワクしながら、話を聞くと

豚の丸焼きを作るには、3時間くらいかかっているらしい。

手間暇かけてもらい、ありがとございま~す。

 

 

食べてみると、皮はパッリパッリで

何だかよくわからないスパイスを、つけて食べるととてもおいしい。

今まで食べたことのない味です。

ま~あえて言うなら、触感はペキンダック。

味はスパイスたっぷりで、味は表現できません。

でも、オイヒ~!!!!

バリ人は、豚の皮が大好きで、

みんなムッシャムッシャパリパリの皮を食べていました。

皮の取り合いをしながら

「とりすぎだぞ~。」

「おれのだ~。」

なんて。

内臓に、詰められたスパイスを

おそるおそる漬けて食べると、これまたウ~マ~。

感激するくらいうおいしいです。

「なんだこりゃ~。」

「うまうまじゃ~ん~~。」

 

さらに、白いパッサパッサのご飯に

よくわからない、スープをかけると

これも、超絶品。

何だかよくわからないスパイスが、本当にうまいです。 

肉もスープも、ソーセージも文句なしです。

感動の料理、体験でした。

 

今まで食べた、バリ料理での中で一番美味しかったです。

 

プットラ一族と、ハイチーズ!

 

 

帰りにはみんな外に出てきてくれて、とても良い体験をさせてもらいました。

 

ありがとうございます。

 

 

次回予告 今日何日?

 

 

 

バリバリ島 NO.10 最終日

 

旅は毎度のことながら、あっという間に最終日。

夜中の1時にバリを出発して帰国を予定。

 

最終日にもかかわらず、予定は入れている。

チャーターしていたので、ガイドに私が行ったことないとこ

連れて行ってと言ったら

「ウブドにある、バエバエの滝にレッツGO~。」

「何がバエバエの、滝にレッツGOだ~。」

な~んて思いながら車内は明るくなった。

車を走らせること1時間位で、目的地到着。

車を降りるといつものように、ギラギラとした

太陽が肌を刺す。

毎日Tシャツ短パンでいたせいか、顔や腕、足は

皮がむけ始めている。

 

そして、車から降り周りを見わたすと

何もない。

「滝は?」

「少し先いあるよ。」

そうなんだ~と思い滝を見ると、はるか遠くに見えた。

少しの感覚が、このガイドと私とでは全く違うことに気づいた。

 

 

しかも、平地ではない。

かなり急な階段だ。

ガイドは、「階段大丈夫?」

見てみると、42年間、

こんなに長い階段、降りたこともないし、登ったこともないし

見たこともない。

しかも、灼熱。

 

 

階段を全て降りると

落差35mの滝が待っていた。

水が落ちる音が豪快で気持ちがいい。

トゥグヌンガン滝だ。

 

 

トゥグヌンガンとは、象の洞窟という意味らしい。

 

そして、数枚の写真を撮り

ふと気が付いた。

これ登るのか?と思うと

まるで芸人の罰ゲームだと思った。

降りるのはいいのですが、登りはかなりきつい。

足腰が弱い方は、お勧めできません。

 

てか、本当にしんどいです。

ハイチーズ、大変なバエバエでした。

 

 

次回予告 初めての〇〇焼き。

バリバリ島 NO,9 人気イタリアンはどうだ?

 

さーて、夜はバリの人気イタリアン。

ウルティ~モ~~~~。

植物で塀がされており、内装は全く見えません。

 

 

店の中に入ると、驚くような客数。

ざっと見ても、300人はいると思います。

凄い客数です。

しかも、満席です。

店内には、カウンターバーも設置してあります。

 

胸は、ワックワク、期待に胸膨らません席に案内され、

まずは軽く白ワイン、私が頼んだのはエビリゾットと

何か忘れました~。

エビのリゾット到着。

トマトベースのエビのリゾット、

よだれがタレてきそうな臭いです。

 

 

ん~トマトとエビが米とうまく絡み合い

エビがもちもちして、トマトの酸味が効き

美味ぴ~。

 

そして、隣のステージで女性が楽しそうに歌っており

雰囲気もとても良いディナーになりました。

 

 

そして、ハイチーズ。

 

 

誰かは、しりません?

誰?

 

 

次回予告 最終日は何を・・・・?

バリバリ島 NO.8 朝ごはん。

 

前日は、クラブで酒で飲みすぎたせいか、オカマと手をつなぎながら

言葉も交わさず、雰囲気だけでステージに上がって

躍ったことは覚えてる。

とてもでないけど、見せれるものではない。

想像ください。

しかも、軽く抱き合いわかちあった。

 

 

「おれなにやってんだ~。」

「オカマは、なんで抱き合ってきた?」

「なんで私をステージにあげた?」

「私がはしゃいでいた気持ちを、汲んでステージに上げたのか?」

「それとも、私をゲイかオカマだと思ったか・・・?」

疑問が残るが、なにより楽しかったのは覚えている。

こんな経験は、なかなかできない。

バリのオカマは、ワールドだ。

 

そんなことを思いながら、

着替え、朝ごはんへ。

相変わらず、バリバリは熱い。

というより、痛い。

この暑さは、私は嫌いでない。

バイクにまたがり、今日もGOGOてな感じだ!!

行った先は、スミニャックにある、人気ハンバガー屋。

ワコーバーガー。

店に入ると~、かなりの解放感だ。

と、言うより屋根がついているだけ。

外と中は低い壁で仕切られているが、ガラス窓はない。

隣は畑だ。

ちょいちょい虫が飛んでくるのは気になるが・・・・。

そんなワコーバーガーはこうだ。

 

 

 

日本とは、違うビックバガー。

毎度ながら思うのが、ホークとナイフはついてくるが

どうやって食べるのかが、今だにわからない。

「だれかおしえてくれ~~~~。」

と、いつも思う。

味は、感覚で想像してください。

見てのとおりです。

 

次回予告 人気イタリアンはどうだ?

 

バリバリ島 NO,7 クラブ

 

クラブには、お客さんは一人もいません。

チョット早すぎたせいかな?

「一番乗りだ~!」と思いながら入ってみると

ステージに3人の人が。

 

 

何が起こるかわからないでいると

マイクを持ち何かしゃべってます。

意味不明です。

 

すると、何語か全くわからない歌を歌い始めました。

歌が始まっても、私たちだけ。

30分が過ぎ1時間たっても私たちだけ。

「どうなってんだ?」

と、思いながらも3人の歌手は、

私たちだけなのに、一生懸命歌っています。

「何だか、クラブに来たというより、コンサートにき来たような~?」

ただ座って、お酒飲んでるのも飽きてきたので

盛り上げるために、席をステージの最前線に移ました。

みんなで、ステージに向かって手を左右に手を振ったり

頭を振ったりしていると、歌っている人達がウィンクをしてくれたり

手を振ってくれたり、より頑張って歌っているように感じました。

 

そして、私たちもノリノリになりながら踊っていると

どこからともなく、オカマらしき男性が出現。

しかも、おじさん2人。

何のために出てきたのかわかりませんが・・・?

 

私は前列でクルクル回ったり、リズムをとったステップを

踏んでいると、なぜだかオカマが私を見ているではないですか。

しまいに、ウィンク。

「ドッキ。」

 

 

すると、ステージから降りてくるではないですか。

「ん、こっち見てる、やばいやばいやばい。」

「こっち来るこっち来る。」

「何かされる何かされる?」

と、恐怖心を抱きながら

オカマは、私の手を取った。

 

 

「ええええええええええ~俺そんなしゅみないぞ~~~。」

「どこつれてく~????」

すると、手を取ったオカマは私をステージに。

よくわからない、オカマダンスを

手をつなぎながら踊りました。

 

 

なんかよくわからないけど、楽しかったです。

いつの間にか、お客さんも沢山来て

今思えば、酔っぱらっていたので分からなかったですが

ステージに登るのは、恥ずかしかったです。

そして、歌っていた女性も私たちの席に来て

 

 

サンキュウと言って、去っていきました。

そして、私たちもクラブを後にしました。

 

PS 昔韓国でも同じようなことが・・・・。

 

 

次回予告 朝ごはん。