釧路市双葉町の美容室JIN(ジンへアーインプレッション)。ヘアースタイルでお悩みの方はご相談ください。

Archive for '店長日記'

ベトナム ホーチミン リバークルーズ NO,2

 

次の日もこりない私は、期待もしないで

 

またもや、リバークーズへ。

 

ま~これを読んでいる読者も

 

「またかよ~」と思っているでしょ。

 

ま~期待を裏切らない内容です。

 

さて、ベトナム2回目のリバークルーズ。

 

ま~今回はこのオプションに申し込んだのは

 

私ら夫婦だけ。

 

怪しいです。

 

いつもなら、数十人は申し込んでいるはずなのに

 

今回は人数が少なすぎる。

 

完全にやってしまった感じです。

 

申し込み少ない=人気がない。

 

そう思いながら、ワゴンに乗り

 

しばらく走ると、ワゴンは船に乗りメコン川を渡ること数分。

 

車は船を降り今度は小型ボートで、風を切る。

 

 

 

「気持ちがいいぞ~。」

 

「でも、川は汚たねえぞ~。」

 

「周りは特に何もねぞ~。」

 

「川は透明度0の泥色、ほぉ~。」

 

そんな感じでボート乗ること10数分。

 

着いたのは、島みたいな道も整備がおろさか。

 

なんだか、怪しげな島たどり着く。

 

ま~いつものとうり。

 

東南アジアは、何が起こるかわからない。

 

全く理解不能だ。

 

こんな整備もされていないところに観光客呼ぶかが疑問だ。

 

そんな、道も整備されていない

 

道を歩くこと数分、池みたいなところに来た。

 

そこでガイドが、ただの木に餌を付け、原始時代に

 

タイムスリップしたかのような竿を渡してきた。

 

「こんなんで、釣れるか~ボケ~。」

 

 

と、言いたくなるような竿を渡され、釣ること数分。

 

全く、うんともすんともいわず

 

めんどくさくなった私は、タバコを吸う。

 

「やっぱりな~。」

 

「こんなもんだよな~。」

 

全く釣れもしない釣りをし

 

次に行ったのは、またもやリバークルーズ。

 

 

 

 

また、最後の方に肩トントンとか言って

 

「チップ、チップとかいってくんでしょ~。」と

 

思いながら。

 

感想は、

 

「静かだ~何もね~本当に何もね~。」

 

ま~特に乗っているだけなので疲れることもなく

 

感動もありません。

 

ま~あえて言うなら、全く見えないコウモリが

 

木にぶら下がっているとガイドさんは言っていました。

 

「全く見えません。」

 

沢山いるみたいなのですが、目が悪いのか頭が悪いのかは

 

わかりませんが、残念ながら見えまえん。

 

そして、こんなリバークルーズを終え

 

陸に上陸。

 

そして、昼食。

 

 

次回、こりゃ~はじめてだ~。初体験だ~

 

ベトナム ホーチミン リバークルーズ NO,1

 

そして、また歩き始め着いたところは

 

今度は、お土産屋さん。

 

「なんなん?どこがリバークーズなんだ!!」

 

「物を買わせたいだけだろ~~~。」

 

「リバ~川はどうした~~~。」

 

でも帰るに帰れない、拘束状態の日本人観光客。

 

「全然楽しくなあ~い。」

 

そうすると、今度は小さいボートらしきもの乗ることに。

 

「オッ?今度は何かあるのか?」と

 

期待して船に乗ると。

 

数分、ボートに乗り特に小さな川?用水路?

 

みたいなところをボートでわたり、

 

周りは全く何もありません。

 

 

 

ただ、ボートに乗っているだけです。

 

そして、5分位すると背中を叩かれました。

 

そして、私が後ろを振り向くと

 

「チップ~。」

 

何がチップじゃ~と言いたくなるくらい

 

先ほどから、どいつもこいつも

 

チップチップチップとうるさいんじゃ~。

 

そして、チップとせがんできた本人はこちら。

 

 

 

そんな感じで、このリバークルーズは終わった。

 

オプションを頼んで、こんなにチップや販売があったのは

 

初めてです。

 

ベトナムメコン川リバークルーズ

 

たかりかと思いました。

 

どうせチップを払うなら、もっと楽しく払いたいものです。

 

 

次回 ベトナム 2回目のリバークルーズ

 

また、チップとせがまれるのか

ベトナム ホーチミン リバークルーズ

 

さて、今回はカンボジアの後、今年2回目のベトナム。

 

夏には、ベトナムニャチャンでしたが、今回はホーチミン。

 

ま~日本で言えば東京か大阪といったとこでしょうか?

 

町並みは、高層ビルが立ち並びスタバやマクドナルドなど

 

有名企業が並んでいます。

 

 

そんな、ホーチミン。

 

特に街には興味がないので、オプションでリバークルーズを

 

申し込みました。

 

行先は、メコン川。

 

メコン川は、中国からベトナムまで繋ぐ4300キロ

 

ある、国際河川です。

 

日本の端から端より長いです。

 

正直、水の色は泥色。

 

全く透きとおってません。

 

ま~川で洗濯している人もいるので、あまり綺麗ではありません。

 

ただの泥川です。

 

 

そんな中、今回のリバークルーズ。

 

目的は、ありません。

 

何か動物がいるわけでもなく、特別な景色があるわけでもなく

 

申し込んだ理由は、「暇だったから・・・・」

 

そんなリバークルーズは、予想どうり。

 

まず、バスに乗り到着し案内されたのは、

 

ローヤルゼリーの販売。

 

「キター訪問販売。」

 

海外では、お土産屋さんなど連れていかれ

 

購入させられることもよくあります。

 

気を付けてください。

 

ボッタクルこともしばしばです。

 

でも、何だか私の所にいた店員さんは熱心に進めてきたので

 

6千円だからまいっかと購入。

 

しかも、数十人いて買ったのに私だけ。

 

「ええええええええええええ。」

 

「誰も買わんのかい??」

 

その後、私は一度も使っていないですが、

 

嫁は、たいそう気に入って使っています。

 

「これ凄いいいよ。」

 

「ローヤルゼリーは、ベトナムのがいいらしいよ~。

 

お肌チュルチュル。」

 

「何がちゅるちゅるだ~。それ、オレのや~~~~~~~~~~~」

 

何も言わず、使うのは泥棒です。

 

皆さん気お付けてください。

 

おれおれ詐欺につづく、ジャイアン泥棒。

 

俺の物は俺の物、お前の物は俺の物の。

 

 

そして、今度は少し歩き違う席につくと

 

あんまり美味しくないフルーツをだされ

 

(ドラゴンフルーツなどなど、ほぼ食べてません。)

 

ベトナム人数人で、歌を歌い始めました。

 

その歌、皆さんも知っている「みんなで手を叩こう。」

 

(頑張ってるのはわかりますが、あんまりうまくないです。)

 

数人で、歌いはじめ

 

しまいに、テーブルに帽子を置き

 

「チップ。」

 

「何がチップよ~。」

 

そして、隣同士で顔を見合わせしょうがなく

 

お金をみんな帽子に。

 

その時の私の思いは、

 

「頼んでないやん。」

 

「勝手に歌っただけやん。」

 

「ここは、たかり村か~~~~~~~~~~~~~!」

 

そんな感じのリバークルーズ。

 

メコン川、5分位ボロ船乗って渡っただけだろ~。

 

 

 

この先も、なんだか気が重いです。

 

でも、日本では味わえない体験が旅の醍醐味。

 

 

 

つづく

 

次回予告 ここはたかり村か~~

 

カンボジア NO,5

 

今回の旅は、カンボジアは3日間で、

 

もう2日間あっというまに過ごし、最終日。

 

特にすることもなく、街ブラをしようと外へ。

 

街を歩いていると、お土産屋さんがあったので入ってみると

 

ま~特に目新しいものはなく、いつも通りTシャツを購入しようと

 

思い、店員さんに値段を聞くと、

 

「ハウマッチ?」

 

「8ドル。」

 

私は相変わらず東南アジアは、ぼったくってくるな~と思い

 

私は、値段交渉の戦いを挑んだ。

 

正直、値段交渉はうまいです。

 

「NO、2ドル」

 

「5ドル。」

 

「NO,2ドル。」

 

「4ドル。」

 

だんだん値段が下がり

 

「NO,2ドル。」

 

「3ドル。」

 

「NO,2ドル。」

 

「OK、2ドルね!」

 

数分こんな感じで、値段交渉を成立させ

 

さらに、置物の購入しようと思い店員さんに値段を聞くと

 

「5ドルね。」

 

私はすかさず「NO、2ドル」

 

そして、店員さんはまた少しずつ値段を下げ

 

最終的に2ドル。

 

この、漫才というかよくわからない時間は何なんだろうと

 

いつも思いながら。

 

最初から2ドルって、言ってくれればいいのに~。

 

ま~これも旅の醍醐味で楽しいのですが・・・・^^

 

そして、数十枚のTシャツと置物を購入し

 

ホテルに帰ろう思い、トゥクトゥク

 

(バイクに、荷台がついているタクシーみたいな乗り物。)

 

に、乗って帰ろうと思い

 

 

 

私は、チョット思った。

 

また、ドライバーと値段交渉か~。

 

英語もままならない、出川バリの英語で

 

値段交渉です。

 

「ここから、ホテルまでいくら?」

 

「8ドル。」

 

始まったよこの近い距離、日本でもその値段しないよ~。

 

初乗りで行ける金額だよと思いながら

 

また値段交渉。

 

「NO2ドル。」

 

「5ドル。」

 

また、少しずつ値段が下がり

 

交渉成立。

 

なんか、なんでも2ドルで足りるような気がしていました。

 

そして、風を感じながら

 

 

 

数分、ホテルに到着。

 

そうすると、運転手が思わぬことを言ってきました。

 

運転手は、バイクを降り手を大きく広げ

 

「ウォ~ファイブスターホテル3ドルね~!!!」

 

「ハッ?」 さっき2ドルと言ったじゃねかよ~~。

 

そして、この運転手の満面な笑顔とオバーリアクションで

 

私は、爆笑し3ドル払いました。

 

いや~カンボジアは、ホテルで値段が変わる恐ろしい国です。

 

勉強になりました。

 

「ウォ~5スターホテル3ドルね~!!!」

 

私も店でやってみようかな~~と思いまいた。

 

絶対、怒られる・・・?

 

今でも、あのオバーリアクション、

 

記憶に残ってクスクスしてしまいます。

 

ちなみに今回泊まったホテルは、

 

ソカ アンコール リゾート シェムリアップというホテルです。

 

ま~普通かな?

 

特に感動はしなかったです。

 

 

次回、ベトナムリバークルーズ。

 

カンボジア NO,4

 

ガジュマル?

 

と、聞いて「マシュマロ?」

 

違います、「ガジュマルです。」

 

ガジュマルは、アンコールワットを侵食している木です。

 

天空の城ラピタで、生えていた木がガジュマルに似ています。

 

ラピタでも、地下まで根が生え最後には崩れていきましたが

 

アンコールワットでも、壁を壊し塀を壊し

 

ドンドン侵食が進んでます。

 

カンボジアでの気温40℃以、生命力はすさまじいです。

 

 

ここで、遺跡とくらすガジュマルは、何を考えてるのでしょう?

 

もしガジジュマルが言葉が話せたら、

 

「こんな遺跡こわしたる~。」とでも

 

思ってるのでしょうか?

 

それか、「建物を新しくして

 

新アンコールワットを作ってほしい~。」とでも思ってるのでしょうか?

 

私がガジョマロならこう思うでしょう。

 

「熱い、熱い、あつ~い、光合成はんぱね~!!!」

 

相方がいるなら、こう言うでしょう。

 

「どこまで光合成すえるね。壁壊れてるやんけボケ!」

 

と、漫才するでしょう。

 

 

 

くだらない、ボケ突っ込みはよしとして

 

実際問題、誰にも分らないガジョマルに気持ち・・・・?

 

謎に満ち溢れたアンコールワットは、

 

ラピタにいるような気持になります。

 

と、言いたいとこですが、あまりの人の多さに

 

熱いし疲れるし、感動もしましたが

 

もう少し、静かに見せてくれ~~~~~~~~~~。

 

少しわがままででした。(自己中)

 

 

そして最後に、これからアンコールワットに行こうと思う方は

 

歩きやすい服装で行った方がいいと思います。

 

熱いし、階段は超急でとても危ないです。

 

歩く時間も5時間くらいしんどいです。

 

でも、一度行く価値はあると思います。

 

 

次回予告、リバークルーズ。