釧路市双葉町の美容室JIN(ジンへアーインプレッション)。ヘアースタイルでお悩みの方はご相談ください。

神トリートメント

最近は、乾燥しているせいか、やけに痛んでいるお客様が多いような?

そんな方々の為に

神のトリートメントで、どうやって治しているの詳しく説明します。

まず、髪は皮脂細胞と言って修復する力はなく、自分の力では戻りまん。

爪も同じで皮脂細胞で、切っても痛くもないし、血も出ません。

 

 

そんな皮脂細胞を治していると言うか、元の近い状態にしています。

 

例えば、髪はダメージすると髪の毛の中にあったケラチンなどが抜け出て

穴(ボイド)が開き、そしてキュウティクルがはがれます。

次第に髪の毛はボイドだらけになって

パサパサの髪の出来上がりです。

(ボイドが多くなると、枝毛の原因になります。)

そんなヘアースタイルを、作られたお客さんは納得しません。

女性は髪が命ですから(^_^)

じゃ~パーマ屋は、このボイドを埋めなければなりません。

どうやって?

それは企業秘密です(-_-;)

なんて・・・・・・・・・・・

 

ボイドを埋めるためには、小さいケラチンと中くらいのケラチン大きいケラチンと

オイルを神は使っています。

必要があれば、違う薬液もつかいます。

まず穴を埋めるには、小さいケラチンを使い

穴の周りにつけます、それではまだ穴がふさがった状態ではないので

次に中くらいのケラチンを使い

最後に大きいケラチンをを使います。

これでもまだ、小さい穴が開いているので、前にも言ったCMC

(カルボキシメチルセルロースの略)オイルをぬって上げることによって

完全に穴(ボイド)を埋める事ができるのです。

そして、ケラチン同士をくっつけてあげる薬(ヘマチン)を使って、

アルカリ除去の薬を使って、髪の内部の修理は完成です(^_^)

今度は外壁(キュウティクル)を治さないといけません。

艶を出すには表面が、ガタガタでは艶が出ません。

鏡を太陽にあてたように眩しいく反射するためには

髪の毛の表面を、凹凸のないようにする薬(キトサン)を使います。

(医療でも使われているキトサンをつかい、髪の表面に薄いフィルムのような膜を張り、

髪の毛を保護します。)

これで髪の毛は、ツヤツヤピカピカの髪の毛の出来上がりです。

 

 

コメントは受け付けていません。