釧路市双葉町の美容室JIN(ジンへアーインプレッション)。ヘアースタイルでお悩みの方はご相談ください。

再重要視シャンプー

オープンしてから、半月が過ぎ大夫落ち着いてきたJinhairimpressed。

そんな中、最近お客様にこんなことを言われる。

「もったいない。」

その理由は、以前釧路の某美容室で1年くらい働いていましたが、

そこでは、私はシャンプーはほとんどしていませんでした。

理由は、アシスタントの子達が私の代わりにしてくれるからです。

私は以前、手荒れがひどくシャンプーを代わってくれるのは

ありがたかったのですが、本心は代わりたくなかったのが本心です。

私はカラー塗るより、パーマ巻くより、ブローするより

シャンプーは大事だと思っていたからです!

カラーやパーマの方が大事。

仕上がりに結びつくので大事だと思う

方もいると思いますが、カラーやパーマは

巻いてもらってたり、塗ってもらったりしていても技術者がおかしい?と

思ったら途中で代わり仕上がりには、全く問題がないからです。

そして、とても重要なのはお客様のファーストタッチはシャンプーだからです。

そこで、お客様に不快なシャンプーをされてしまうと、

お客様は、「この店、雑な感じ・・・」

「下手だわ・・・・?」と

思われセット面にとおされ、技術者にバトンを渡されても

技術者はマイナスからスタートしより以上の努力をしないといけないからです。

さらに言うと、私はシャンプの時にお客様の髪質をチェックし

「この髪質にはあの薬を使いこんな感じに仕上げよう。」

「メチャクチャ痛んでるな~ちょっと時間かけてやらないと・・・・!」

などなど、シャンプーのときに私は考えることが多いのです。

なので、シャンプは私の中でかなり最重用視していている技術です。

コメントは受け付けていません。