釧路市双葉町の美容室JIN(ジンへアーインプレッション)。ヘアースタイルでお悩みの方はご相談ください。

髪と水

水と髪

 

水についていろいろ調べてみました。

 

髪の毛に、どうかかわっているのか?

 

まず、人間の体は弱酸性といわれPH7.35±0.05です。

 

髪の毛はPh4.5~6.5が健康毛といわれています。

 

(Ph(ハロゲンパワー)とは、酸性・アルカリ性の程度を表す言葉です。

Phは1~14であらわしPH7が中性。

ph7より小さければ酸性、大きければアルカリ性と示されます。)

 

皆さんは水道水を毎日手にすると思いますが

 

水のPH知っていますか?

 

全国で多少の差はありますが、

 

札幌の水道水はPH6.9となっています。

 

その水で顔を洗ったりお風呂に入ったり生活しているんです。

 

 

水道水には、塩素が入っていることは知っていると思うのですが、

 

どのくらい入っているのでしょう?

 

一ℓ当たり0.1~0.4ml以上入っています。

 

その塩素は、髪の毛に付くと、タンパク質(キューティクル)を酸化させ、

 

枝毛や切れ毛の原因となり、髪の毛のツヤを奪ってしまうと言われています。

 

残留塩素は強い酸化力があるため、

 

タンパク質から作られている毛小皮を破壊していきます。

実際に行った髪の毛のダメージを調べる実験では、

 

8時間後にキューティクルの綺麗なウロコ模様が

 

磨耗してしまっている様子が確認されています。

 

8時間連続してシャワーを当てる人はいませんが、

 

100回程度の髪の洗浄で同じ状態になると考えられます。

 

 

例をもう一つ上げるとすれば、水道水の入れたコップの中に

 

髪の毛を入れ、数秒してから取り出し

 

塩素検査液を入れ塩素があるかないかを実験してみると

 

塩素がなくなります。

 

結果、髪の毛に塩素が付着したということです。

 

 

この、髪をダメージさせる塩素を取り除かねばなりませ。

 

今現在いろいろ実験しています。

コメントは受け付けていません。