釧路市双葉町jin ヘアースタイル・ダメージヘアーでお悩みの方お助け致します。

謎の中華屋 NO.2 参上

 

オーダーも終わり、ビールを一口二口と

 

飲んでいると、店員が近づいてきた。

 

その手には、マーボー豆腐を持っている。

 

さすがに、頼んで5分も過ぎていない

 

「俺のではないな~。」

 

と、思いながらもこの店の最初の客は私だ。

 

衝撃の速さで、目の前に超高速マーボーが参上した。

 

早すぎではないか?

 

ここで、疑問が涌いた。

 

「ちゃんと作ったのか?」

 

「出来たのを、温めただけではないか?」

 

疑い始めた。

 

 

そんなことを考えていると

 

次々と料理が目の前を、埋め尽くした。

 

「おかし~。」

 

「おかし~い。」

 

「ここは、牛丼屋か?」

 

作り置きではないのか?などなど頭をよぎる。

 

そこで、私は耳を澄ませた。

 

厨房の中から、「シャッシャ、シャッシャ、コンコン」

 

てな具合に、中華鍋とおたまの音が響いている。

 

私たちしかいないけど、尋常でない速さで

 

驚きを隠せなかった。

 

そして、最初に参上したマーボーは

 

鍋が温められグツグツ今でも噴火しそうなマグマのようだ。

 

 

そして、肝心の味は?

 

一口目、「あっち。」

 

全く、熱くて味が分からない。

 

おやくそくだ。

 

フーフーしながら、口の中にいれると

 

「ん~これは日本人合わせた、マーボーかな・・・。」

 

これを、単品で食べるなら

 

ご飯があると最高においしく感じれると

 

勝手な解釈をした。

 

なぜなら、辛さと甘さ系のマーボーは

 

昔から誰でも一度は口にしたことがある

 

ご飯にかけて、おいしく食べられる定番中の定番だ。

 

それ以上に、おいしく食べれる方法は

 

私は知らない。

 

逆に、山椒系のマーボーは酒との相性は抜群だと思う。

 

そして、二品目ホイコーロー。

 

まず見た目に驚いたのは量の多さ。

 

皿8割は食材で埋まっている感じだ。

 

もし、一人で着ていたらとても出ないけど食べきれない量だ。

 

二人でも無理ですが・・・・

 

コスパは、最高だ。

 

味は、「ん~わるくない。」

 

キャベツを炒めすぎず触感をのこしている。

 

味は、優しい味だ。

 

勝手な考えだが、味を薄味にすることで沢山たべれるようのに

 

薄味にしているのかも?

 

真意はわからないが・・・・・?

 

トータル的に、このホイコーローも満足した。

 

 

次回予告 全部半端ない・・・・・

 

コメントは受け付けていません。