釧路市双葉町jin ヘアースタイル・ダメージヘアーでお悩みの方お助け致します。

冬キャンプ NO、3 キャンプ場到着。

 

長靴を購入し、いざキャンプ場へ。

 

帯広中心部からから、御影方面に車で走り

周り一面冬景色,周りには全く何もない。

道路も、あまり除雪もされてなく道も一車線。

一つ間違えれば、脱輪しそうな感じ。

市内から30分位で、コニファーキャンプ場到着。

 

「ん~なんか、私が育った家の近くの草っぱらに来た感じです。」

(中鶴野)、私の昔の実家は釧路湿原に

囲われているようなところでした。

なので、なんか懐かしような気が・・・。

 

そんなキャンプ場は、元旦にも関わらず

いくつかのテントが張っています。

 

しかも、お一人様が多く

話を聞くと、ここに来るとストレスが解放されるらしい。

確かにここは、自然がいっぱいで一人でくれば

火をおこし、テントを張り寝たいときには寝て

時間に追われることもなく、ストレスフリーなのかもしれない。

 

そんなコニファーキャンプ場で、一足先に先輩が

テントを張っていたので、そこへお邪魔しました。

先輩のテントの中は、薪ストーブがありかなり暖かい。

灯油ストーブとは、暖かさが違う。

身体の芯から温まるような感じで、

自然の中で、バチバチと燃える薪は暖かく

その火を見ていると、何だか不思議な気分になります。

そして、疑問もわきます。

 

なぜ、火の先はとがっているのでしょう?

わかる方は教えてください。

そんな火をを見ながら、酒を交わし宴が始まる。

 

 

 

 

次回予告 キャンプ料理

コメントは受け付けていません。