釧路市双葉町jin ヘアースタイル・ダメージヘアーでお悩みの方お助け致します。

冬キャンプ NO.2 -40℃

 

デポの冬靴売り場に着くと、正直何を買っていいかわからない。

値段も、三千円~二万円くらい。

履いてみるが、多少の違いはあるが

どれがいいのかわからない。

 

そんな時、先輩が「あまり履かないなら安いやつ買え」と。

確かに、あまり履く機会は私の中では少なそうだ。

そう思い、5千円前後の靴を数足履いてみた。

正直、どれもあまり変わらない。

というかこれで暖かいのかと疑問に思った。

「どうしよ~。」

と、思っていたら一足だけ値段が書いてない長靴があった。

「-40℃?」

もしかして、-40℃にも耐えれるのではないかと思った?

長靴の名前は、「ケミック」聞いたこともない。

どこのメーカの長靴かもわからない。

 

そして、履いてみると妙に足にフィットする。

今まで、履いてきた五千円前後の防寒の靴のどれよりも暖かそうだ。

買いたいとこだが、いくつかの問題が出てきた。

 

まず一つ、普通の長靴は車の中にあるのにまた長靴をかうのか?

二つ、この長靴を今日履いたら今度いつ履くのか?

三つ、値段が分からない。

長靴を見下ろし考えた。

「ん~~~?」

 

この三つの問題が購入を妨げる。

頭の中を整理する。

なぜ、この靴が今必要なのか?

それはこれから、楽しくキャンプする上で

足が冷たくならないようにという理由だ。

 

それを考えたら、購入すると決意。

そして、恐る恐るレジに向かう。

「いくらなんんだ、いくらなんだ~この長靴は~~。」

「五千円くらいならうれし~~~。」

そんなことを思いながら、ピッピピッピ~一万円です。

想をうわまったが、引き返すことはできない。

まいっかと思いお金を払う。

 

チョット予算をオーバーしたが

その後、驚くほど暖かいことに気づき

購入して、正解だった。

その後、まだ一回しか履いていない。

「やっぱり・・・・」

 

 

次回予告 キャンプ場到着。

コメントは受け付けていません。