釧路市双葉町jin ヘアースタイル・ダメージヘアーでお悩みの方お助け致します。

バリバリ島 NO,7 クラブ

 

クラブには、お客さんは一人もいません。

チョット早すぎたせいかな?

「一番乗りだ~!」と思いながら入ってみると

ステージに3人の人が。

 

 

何が起こるかわからないでいると

マイクを持ち何かしゃべってます。

意味不明です。

 

すると、何語か全くわからない歌を歌い始めました。

歌が始まっても、私たちだけ。

30分が過ぎ1時間たっても私たちだけ。

「どうなってんだ?」

と、思いながらも3人の歌手は、

私たちだけなのに、一生懸命歌っています。

「何だか、クラブに来たというより、コンサートにき来たような~?」

ただ座って、お酒飲んでるのも飽きてきたので

盛り上げるために、席をステージの最前線に移ました。

みんなで、ステージに向かって手を左右に手を振ったり

頭を振ったりしていると、歌っている人達がウィンクをしてくれたり

手を振ってくれたり、より頑張って歌っているように感じました。

 

そして、私たちもノリノリになりながら踊っていると

どこからともなく、オカマらしき男性が出現。

しかも、おじさん2人。

何のために出てきたのかわかりませんが・・・?

 

私は前列でクルクル回ったり、リズムをとったステップを

踏んでいると、なぜだかオカマが私を見ているではないですか。

しまいに、ウィンク。

「ドッキ。」

 

 

すると、ステージから降りてくるではないですか。

「ん、こっち見てる、やばいやばいやばい。」

「こっち来るこっち来る。」

「何かされる何かされる?」

と、恐怖心を抱きながら

オカマは、私の手を取った。

 

 

「ええええええええええ~俺そんなしゅみないぞ~~~。」

「どこつれてく~????」

すると、手を取ったオカマは私をステージに。

よくわからない、オカマダンスを

手をつなぎながら踊りました。

 

 

なんかよくわからないけど、楽しかったです。

いつの間にか、お客さんも沢山来て

今思えば、酔っぱらっていたので分からなかったですが

ステージに登るのは、恥ずかしかったです。

そして、歌っていた女性も私たちの席に来て

 

 

サンキュウと言って、去っていきました。

そして、私たちもクラブを後にしました。

 

PS 昔韓国でも同じようなことが・・・・。

 

 

次回予告 朝ごはん。

 

 

コメントは受け付けていません。