釧路市双葉町の美容室JIN(ジンへアーインプレッション)。ヘアースタイルでお悩みの方はご相談ください。

そうくるか~

先日韓国に行った時の、お話です。

 

 

 

30℃を超える中、蒸し暑く喉も渇き飲み物を

 

ひたすら買って食べて、飲んでいるときやはりトイレが近くなります。

 

16-06-14-19-02-09-409_photo[2]

 

あたりを見わたしても、トイレらしきものはなく

 

どうしようかと思っていると、少し先に飲食店を発見。

 

足早に飲食店に駆け込む。

 

お店に入り、すかさず店員さんに

 

「トイレありますか?」と聞いてみた。

 

おばちゃんは、「は?」といった感じで

 

私の顔を見る。

 

ま~言葉も違うのでしょうがないのかもしれないですが。

 

私はトイレに、一刻も早く行きたかったので、おばちゃんの目を見て

 

伝わるようにと祈った。

 

そして、おばちゃんはどこかに行った。

 

「おばちゃんに伝わったのかな?」なんて思いながら・・・

 

そうすると、おばちゃんが何かを手に戻ってきた。

 

おばちゃんが、私に差し出したものは

 

500mmリットルのピンク色のペットボトル?

 

私の時間は、止まった。

 

おばちゃ~ん~なにこれ~。

 

意味通じなかったか~。

 

ペットボトルに、入れろということ?

 

それはないだろ~。

 

いくらなんでもこれは・・・・。

 

せめてバケツくらい持ってきてくれるといいけどペットボトル?

 

少し想像した。

 

ペットボトルの飲み口は直径2㎝位、そこをめがけても

 

入る確率は極めて低い、そして手は汚れる。

 

そして、飛び散る。

 

そんなことを考えていると

 

ペットボトルをおばちゃんに渡された。

 

やっぱ、この中に入れるしかないと・・・

 

我慢も限界に。

 

すると、ペットボトルには、何やらひもがぶら下がっていた。

 

その先には、なにやら鍵がついていた。

 

16-06-15-12-16-15-461_photo[1]

そしておばちゃんが、指をさした。

 

ドアがある。

 

そこに行って鍵を開ろと。

 

ドアの鍵を開けると、便器がありホット肩をなで下ろした瞬間でした。

 

なぜ、ペットボトルをキーホルダーにしているかは謎だ。

 

韓国ではやっているのかも・・・?

 

コメントは受け付けていません。