釧路市双葉町の美容室JIN(ジンへアーインプレッション)。ヘアースタイルでお悩みの方はご相談ください。

乾かす。

先日、お客様とドライヤーと髪の話していて、思いました。

 

ドライヤーいつ出来たか?

 

誰が作ったんだらろう?

 

ふと気がついたらパソコンの前にいる神

 

調べた結果

 

 

ドライヤの歴史は、1905年に発明されニクロム線と1911年に掃除機用に

開発された電動機を組み合わせて実用化され開発されました。

 

数年後1920年アメリカのザ・ラシーン・ユニバーサル・モーター・カンパニーと、

ハミルトン・ビーチ・カンパニーというふたつの会社で

1920年にドライヤーが作られたです。

 

ヘヤードライヤは洗髪の後に使用われることから、

濡れた手でヘヤードライヤを操作すと、

ヘヤードライヤの内部に水が浸入したりして

感電事故がおきたりしたりして大きな課題でした。

ドライヤーをお風呂の中に落として感電死する事故も

多発するようになりました。

そこで、その防止策が検討され、注意事項の表示等が勧告されました。

一方、1970年にはデザイン特許が出願され、

巨大な市場での競争も激しくなり、

デザインも重要視されるようになりました。

 

どんどん小さく軽いドライヤーを作る技術が発達し

熱風の温度や、風の強さもどんどん改良されました。

そして、ドライヤーはずっと使いやすくなって、便利になったんです。

  

ドライヤが開発されてから約100年がたち、今もなお進化を続ける。

 

ドライヤは、間違った使い方をすると、髪は痛みますが、

 

うまく付き合って、いくととてもいいものです。

 

髪が傷まないようにうまく付き合っていきましょう。

 

お願いします。

コメントは受け付けていません。