釧路市双葉町jin ヘアースタイル・ダメージヘアーでお悩みの方お助け致します。

Archive for '店長日記'

バリバリ島 NO,6 バリのクラブ

 

昼間は、バイクで色々な店を回り、(何も買ってないです。)

35℃以上の中、日焼け止めも塗らないと腕がこんなになります

痛いです。

 

 

キモ、きたねぇ~って声が聞こえてきました。

腕だけでなく顔、足もこんな感じになってます。

自分でもきたねぇ~な~と思ってます。

 

そして、夜は、インドネシア料理を食べに行きました。

料理の写真を撮るの忘れてしまいました。

私は、日本国内では食べたことのない味です。

とても、美味しかったです。

日本人でも、全然気にしないで食べれると思います。

料金も5人で1万円位です。

 

 

そして、ご飯を食べた後、本当は綺麗なバー行くはずだったのですが

あいにくの定休日で、人生初のバリのクラブに行くことになりました。

 

10時前に、到着。

一番乗りです。

受付にも、お客さんはいません。

10時からなので、まだ少し時間があったので

一緒に行った若者が写真を撮くれました。

 

 

少しボケているような気もしますが、赤いライトに照らされ

バエったのかどうかは私には、わかりませんが、

店内は、いろんな光でまぶしかったです。

 

そして、10時になり、ステージに入ると・・・・・。

 

 

次回予告 はしゃぎまくりクラブ。

 

バリバリ島 NO.5 次はどこ行く~

 

スタバのコーヒーを楽しんだ後は、

また、バイクにまたがり、

「ん?」

考えてみると、

「いくとこねぇ~~~~~~~~~。」

いつものように、全く何も決めていない私の旅は

よく言えば、気まま。

悪く言えば、計画性がない。

 

そんな旅ですが、一つだけ決めていたことがあります。

それは、スミニャックという地区に泊まること。

スミニャックは、バリ島の真ん中位にある町で

海もとても近く。お店も沢山あるので、とても便利です。

ホテルのすぐ近くにも、ビーチもあります。

 

少し歩くと、海の家も沢山あり色々選びたい放題です。

私が今回選んだのは、

 

 

ここにいると、また夏が来た~という気分になり

無駄に酒が進みます。

ゴクゴク。

「かんぱぁ~い・・・・。」

てな感じです。

夜もここは素敵なので、来ることがあれば来てみてください。

 

 

次回と予告 バリ初、クラブ?

 

 

バリバリ島 NO,4 バイクでGOGO!!!

 

前日より足はよくなったのですが、バンソコを二重に三重に張り付け

準備は万端。

少し足は痛むが、今日も元気はつらつGOGO!!!

 

 

行先発表~。

「東南アジア最大のスターバ~ックッ~スゥ~~~。」

バイクにまたがり、

今日も、天気最高最高⤴⤴⤴⤴⤴、気分も上昇中。⤴⤴⤴⤴⤴。

気温は35℃以上、短パンTシャツきもついい~~!

と、言いたいとこですが熱い。

正直に言うと、ヘルメットは前の人の汗の臭いで臭いし・・・・・。

「くさぁ~~~~~~~~~。」

 

そんなこんなで、バイクに乗ること数十分。

ワイファイを活用し、GPSを駆使しながらスタバ到着~。

 

「ん~ん~デカ~~~」。

入り口から立派です。

南国感もでて、吹き抜けのフロアーは解放感があって

 

 

コーヒを飲んでいても、リラックスできて長いしちゃいそう。

いろんな、席があり、外で食べるとこも数か所あり

あまり写真だけでは、伝わらないと思いますが

とてもオシャレな店です。

 

 

 

コーヒーも、いつも飲むコヒーより美味しい気がしました。

 

 

な~んて、すいません、嘘つきました。

正直、よくわかってません。

でも、バリに着たらのジャコウネコのコーヒ飲んでみてください。

初めて飲んだ時は、ほかのコーヒーとは全然違い

苦みも少なく渋みがほとんどないとても飲みやすいコーヒーでした。

私は好きです。

機会があれば是非、ご賞味してみてください。

 

そして、今話題となっている環境問題。

バリのストローはみんな髪ストローでした。

先進国の、我々日本。

少し遅れているのかも・・・?

 

次回予告 次はどこ行く~~~~!

 

バリバリ島 NO,3  足が~~~!!!

 

一日目から、災難が襲いかかる。

足を引きずりながら、どうにか時間を潰し本島にもどりました。

夜は最悪なことに、エステを予約。

足が痛すぎて、行きたくなかったのですが

嫁の顔見ると、キャンセルも出来ず行くことになり、

ここからが、私の地獄の始まりです。

 

エステを、2時間くらいしてもらい

とても、気持ちいいな~と思った瞬間、

予想道理の結果に。

「あ、あ足が~~~~~~~~~~~。」

足はドクドクと脈をうち、血が流れ

2倍以上に、足が膨れ上がってるではないですか。

「なんだこりゃ~。」

「やばずぎでしょ~!!!!!」

ついに、足をついて歩くことが出来なくなり

意気消沈です。⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵

私の頭の中には、

「明日からどうしよ~。」

「バリに着て一日目?」

「病院行きか?」

そんなことをグダグダ思いながら、ホテルに到着。

 

足が腫れ上がった私は、ドアボーイさんに、

片言の英語で、氷くださいと言ったら

大急ぎで、氷と袋を持ってきてくれました。

あの時のボーイさんにの行動には、

感謝感謝で頭が上がりません。

私の足を見て、痛みを誰より感じ取ってくれたと思いました。

本当に嬉しかったです。

 

そして、部屋にもどり氷で足を冷やしていたら

2・3時間くらいで、腫れはひき

頭が悪いせいか、バイクにまたがり近所のイタリアンへ。

夜ご飯は、こんな感じです。

ビックサイズの、マルゲリータとステーキです。

 

 

 

ムッシャムッシャです。

ま~、どの国に行ってもビックサイズ

ビックビックビックサ~イズ。

とてもでないけど、嫁と二人では食べきれる量ではありません。

これを食べるなら、拷問です。

 

本当は、もっと他の物をを食べたかったのですが・・・・。

 

バイクはサンダルだめですよ~~~~~!!!!!

痛みを持って経験しました。

 

 

追伸 旅行中は常に靴下が血でにじんでました。((+_+))

血と汗と涙の結晶ともいうのでしょうか・・・・?

 

次回予告 バリ島バイクでGOGO!!!

 

 

バリバリ島 NO.2  レンボンガン島

 

2日目、特に何も決めていない私が

あえてやることと言えば、今ホームページの写真を撮ること。

そこで、以前にも行ったことがある、レンボンガン島に行くことに。

 

レンボンガン島は、本島から船で30分位で、

とても綺麗な静かな街、村です。

 

そんなレンボンガン島は、気温35℃前後で、

ノーヘルでバイクを乗っても捕まらない

街で、手付かず過ぎる自然が半端ないです。

 

そして、アクティビティも充実しており、ダイビング、サップなどなど

海の遊びは何でもあります。

 

 

バイクを借りて、周りの自然を楽しみながら

数十分バイクを乗っていると

事件が!

「あ、落ちる。」そこには側溝があり

地面に足をついた瞬間、親指に何かがあたり

溢れんばかりの大量出血。

「イッタ。」

足を見ると、血が出ているではないですが。

血がドクドクと流れ、私の手の平の以上の地が。

「やっばいな~。」

と、思いながらもカバンからテッシュやウエットティッシュで

応急処置。

止血しても、止血しても血は止まらず、傷跡は全く見えない。

どうにもできないと思い

止血で乗り切ろうと思ったのですが、

今度は、足がジンジンしてき、歩けなくなりました。

そんな中でも、どうにかしないとならない私は

親指にティシュをグルグル巻きにして、バイクにまたがり

お店し休憩することに。

 

そのお店がこちら。

 

 

痛みを忘れるくらい、目の前が青い海が広り

優しい風があたる、とても気持ちがいいお店です。

ハンバガーも、いつもより美味しく感じました。

 

 

そして、足が痛い中、チョットばえってきました。

 

 

 

 

次回予告

本島に帰るが・・・・