釧路市双葉町jin ヘアースタイル・ダメージヘアーでお悩みの方お助け致します。

バリバリ島 NO.11 初めての〇〇焼き。

 

 

前日プットラと話し、私はインドネシアの家庭料理が

食べたいと言ったので、ガイドのプットラは、

「家でパーティーしようと!」

私はその場の乗りで「OKOK」

そして、プットラ実家に。

私の泊まっていたホテルから(スミニャック)

ウブドまで、車に乗ること二時間。

二階建ての建物もなく、畑ばかりで

のどかな、昭和初期の写真を見るようでした。

「なんかいいな~。」

 

プットラの家は、ヒンズー教の寺の住職で家もかなりでかい。

そんな家に行ったら、数十人のファミリーが待っていてくれました。

まさか、そんなにいるとは。

私は、インドネシア語もわからないので

アイコンタクトで・・・・?

 

そして、肝心な家庭料理。

どんなものが出てくるかは、あまり聞かされておらず

出てきたのがこれ。

じゃじゃ~ん。

 

 

豚、豚、豚の丸焼き~~~~。

見た目は、かなりのインパクトです。

「おおおおおおおおおおおお~。」

「どうやって食べるだ~。」

日本では豚の丸焼きは、お目にかかれんぞ~。

 

ワクワクしながら、話を聞くと

豚の丸焼きを作るには、3時間くらいかかっているらしい。

手間暇かけてもらい、ありがとございま~す。

 

 

食べてみると、皮はパッリパッリで

何だかよくわからないスパイスを、つけて食べるととてもおいしい。

今まで食べたことのない味です。

ま~あえて言うなら、触感はペキンダック。

味はスパイスたっぷりで、味は表現できません。

でも、オイヒ~!!!!

バリ人は、豚の皮が大好きで、

みんなムッシャムッシャパリパリの皮を食べていました。

皮の取り合いをしながら

「とりすぎだぞ~。」

「おれのだ~。」

なんて。

内臓に、詰められたスパイスを

おそるおそる漬けて食べると、これまたウ~マ~。

感激するくらいうおいしいです。

「なんだこりゃ~。」

「うまうまじゃ~ん~~。」

 

さらに、白いパッサパッサのご飯に

よくわからない、スープをかけると

これも、超絶品。

何だかよくわからないスパイスが、本当にうまいです。 

肉もスープも、ソーセージも文句なしです。

感動の料理、体験でした。

 

今まで食べた、バリ料理での中で一番美味しかったです。

 

プットラ一族と、ハイチーズ!

 

 

帰りにはみんな外に出てきてくれて、とても良い体験をさせてもらいました。

 

ありがとうございます。

 

 

次回予告 今日何日?

 

 

 

コメントは受け付けていません。