釧路市双葉町jin ヘアースタイル・ダメージヘアーでお悩みの方お助け致します。

ニューカレドニア 無人島編

 

さて、今回は島です。

島と言っても、ただの島ではありません。

島の名は、グリーン島。

聞いただけで、島には緑がいっぱあって

海は青く透明で、いかにも自然の宝庫みたいな感じの名前です。

期待しホテルを出て、車で二時間。

どれだけ、綺麗なんだろな~あ~?と思いながら

もしかしたら、珍獣や見たこともない魚が沢山いるのかな~?

などなど、車中は妄想劇場です。

そして、海に到着すると、小型ボートが用意してあり

乗ること5分。

「あれ、もう着いた?」

「やたらと早いな~。」

ガイドのエリックが、英語で話します。

全く、意味不明です。

と、言うかわかりません。

エリックが話終わると、船が動き出しまた。

どうやら、目的地はここではない様子。

天気はいいのですが、波がかなり荒い。

船は、上下に動きアトラクションに乗っているような感じ。

そうすると、エリックはボディースーツを出し

どうやら私たちに着れと言っているみたいだ。

シュノーケルをやるみたいだ。

そして、海へダイブ!

海に入ること5分。

寒すぎてボートに上がる。

片言の英語で、フィニッシュ!

そして、また船は動き出す。

そうすると、エリックは何か話しているようだ。

耳を傾け、聞き取ろうとはするが、私には

宇宙人が話しているようにしか聞こえず意味不明。

そして、今回の目的地が見えてきたようだ。

次回予告 上陸

ボートに乗ること一時間弱。

島に上陸です。

船を降りて周りを見渡すと、建物らしきものが全く見えない。

道らしきものもない?

「ん?」どうなっているのか、全くよくわからない。

エリックは言った。

「uninhabited island。」

全くよくわからないが、しばらくすると意味が分かった。

島に上陸し歩いてみると、全く何もなくどこを歩いていても

波の音が聞こえ、森の臭いしかしない。

解放感は、抜群だ。

 

と言うか、無人島?

何もなあ~い~。

予想していた島とは違っていたが

まさか、無人島にくるとは・・・・・。

初の試みです。

何をしたらよいか全くよくわらず、砂の上に寝ころびリ本を読む。

しばらく読み進めていくと、悩みや問題などなど全てから

解放された気分になりました。

とても、不思議です。

時間がゆっくり流れ、音は自然の音だけです。

そんな事をしていると、ご飯を用意されていました。

ご飯を食べながら、エリックと話すと

どうやらエリックは、ジブリが大好きらしく

その中でも、「ジャパニーズマンガン、セントチヒロアイラブユー。」

と、ジャパニーズマンガン絶賛していました。

そして、残ったご飯の残りをエリックが浜辺に持っていき

海にまくと、凄いです。

あっという間に、見たこともない魚が沢山寄ってきました。

これが無人島か~と実感しました。

無人島は、とても静かで何もなく

全てを無にしたいとき、また来たいと思いました。

 

次回予告 まじか~あ~!

コメントは受け付けていません。