釧路市双葉町の美容室JIN(ジンへアーインプレッション)。ヘアースタイルでお悩みの方はご相談ください。

K・Y

 

毎日色々なお客様が来店する中、

 

一人のお客様の口から、

 

「店長、K・Yだね。」と。

 

 

 

K・Y?

 

私がすぐ思いついたのは「クソ野郎」という言葉で

 

「クソ野郎?」

 

お客様は、大爆笑。

 

 

いやいやクソ野郎ではなく、空気読めないだよ。

 

意味は理解したが、笑えなかった。

 

俺、空気読めない?

 

と、自問自答。

 

頭の中が真っ白になり、

 

その後、空気読めないという言葉だけがグルグルと回る。

 

空気読めない、空気読めない。

 

 

自分では、理解不能だった。

 

お客様と、沈黙の時間が流れた。

 

 

私は、真剣に考えた。

 

空気読めない読めない????

 

答えが見つかる気配はなく、それだけが頭から離れない。

 

空気読めない、空気読めない。

 

答えが見つからないままお客様に聞いてみた。

 

 

そしてお客様が、「空気読めないでしょ。」

 

私はそんなことはないと否定したかったが

 

「よく、普通って言葉使うでしょ。」

 

それは、店長の普通でみんなの普通でないんだよと

 

優しく教えてくれた。

 

 

そして、2日たった今現在でも、

 

この問題を処理できないまま、解決の糸口を探している。

 

俺K・Yか~。

 

頭が痛い。

 

コメントは受け付けていません。