釧路市双葉町の美容室JIN(ジンへアーインプレッション)。ヘアースタイルでお悩みの方はご相談ください。

相棒

 

この道、22年。

 

鋏を握りしめて19年。

 

毎日、色々な髪と相棒は語る。

 

「今日は、そんなに切らなくていいよ。」

 

「あまり調子が良くないから10㎝くらい切ってよ。」

 

なんていつになく普通の会話が私の前で、毎日繰り広げられる。

 

そんな相棒と髪の会話が聞こえてくる中、私も会話にはいる。

 

3人で会話をしながら状態を見極め、相棒(鋏)と私と髪の

 

状態を見極める。

 

どんなカットがいいのか?

 

ブラントカットか、チョップカットか、

 

それともスライドカットか、エフェクトカット。

 

相棒と私は、数種類のカット技術の中から

 

髪が最高に喜ぶヘアースタイルを作り出す。

 

チョキチョキと。

 

そんな中、最近私の相棒の調子が悪い。

 

なんだか以前より切れ味が悪くなったような気もする。

 

そんな相棒は、最近は研ぎに出す期間も早くなってきたような気がする。

 

切り方も変わっていない。

 

研ぎ師も変わっていない。

 

「最近調子悪いのか?」と聞いても

 

「そんなことないよ。」

 

と、相棒と話すことが増えたような気がする。

 

相棒のことを考えたら、気が付けば

 

17年の付き合い。

 

毎日食べていくのがやっとだったころ

 

どうしても、鋏がほしく買って更なる極貧生活をしていたのを

 

覚えている。

 

相棒は誰よりも私の仕事のことを知っている。

 

何度練習しても、うまくスタイルができなく悩んでいたころ。

 

お客様を怒らせてしまったこと。

 

お客様が凄く喜んでいたこと。

 

そして、私の指から何度流血したかわからない。

 

止まらなくて、いつもアロンアルファで

 

傷口を塞いでいたことか。

 

思い出は多い。

 

私の体一部である相棒。

 

そんな相棒も、いよいよ現役を引退させて上げようと

 

思う。

 

17年間自分の体を削りながら、沢山のお客様を喜ばせ

 

刃先はどんどん短くなり、今や研ぎすぎて鋏屋も

 

「あと一回研げるか?」

 

そろそろですね~なんてよく言われる。

 

相棒と切磋琢磨してきた昔が頭をよぎる。

 

 

ビリギャル・・・・

前回の予告を無視して、今回違う話題を書きます。

 

今回は、「ビリギャル!!!」

 

DVDです。

 

以前、このビリギャルは本を買って読みましたが、

 

DVDは、本よりも大変面白かったです。

 

店の棚にあります。

 

この主人公は、偏差値30の落ちこぼれ。

 

聖徳太子も、「せいとくたこ」と読むほどの天才。

 

それも、聖徳太子は男性なのですが、ビリギャルは

 

勝手に聖徳太子を、女性だと思いこの人を可哀想と思うほどの

 

妄想の天才ぶり。

 

本当にサンタさん、ウルトラマン、テレビに出ているものは

 

実際にいると思っていたらしい。

 

まさしく純粋で天才だ。

 

「天才過ぎる~。」

 

 

そして、もう一人の立役者「塾の先生」。

 

こんな先生いたら、私も慶應大学受験してたかもと

 

思うくらい。

 

そんな偏差値30の学生相手に、うまくやる気にさせ

 

慶應を受験させた。

 

それだけでも凄いのに合格させてしまう先生。

 

あっぱれです。

 

そして、もう一人の立役者は、お母さん。

 

吉田洋。

 

私の母も負けてはいませんが、吉田羊演じるお母さん。

 

凄いです。

 

最後には、家族も一つにしてしまう。

 

最高のお母さんです。

 

簡単でもありますが、そんな映画でした。

 

私はこの映画を見て、何度涙を流したかわかりません。

 

本も読んだし、ストーリーもわかってたはずが、

 

涙がポロポロと。

 

とてもいい映画です。

 

子育てお困りの方は、参考になるかも?

 

いろんな方に、お勧めです。

 

 

そして最近、色々なことを相談されることが多くなりました。

 

相談所?と最近思います。

 

仕事のこと、子供のこと、彼女の家族のことなどなど。

 

私は決して優しくもないし、私は本音でぶつかってしまいます。

 

相談してきた人を、傷つくことも言ってしまします。

 

あとで、言い過ぎたかな~と思うこともしばしばですが。

 

嘘は言えないのが、私の生き方と信じています。

 

子供と言われれば、そうかもしれません。

 

おべんちゃらは、言いたくありません。

 

かわいくなったものはかわいいし。

 

かわいい靴や服を着ていればかわいい。

 

嘘は言っているつもりもないし、

 

私は、思ったことを言っているだけです。

 

だって、子供なのですから。

 

私は、20歳のころに一生子供の気持ちを持った大人になると

 

決めたのを、今でも覚えています。

 

実際大人ではなく、子供のままなのですが・・・。

 

皆さん知っていると、おもうのですが。

 

しかも、今年で39歳やばいです。

 

やることも、考えることも子供。

 

このまま、つっぱしろうと思ってます。

 

 

話は変わりますが、私の仕事についても

 

思い当たることがしばしばありました。

 

お客さんにとって、髪型だけでなく

 

もっと親身にならないといけないんではないかと

 

思いました。

 

もっと、今いるお客様にも親身にならないといけないんではないかと

 

思いました。

 

もし私が適当なことをやっていたら、叱ってください。

 

 

そして今年は、もっといい店にします。

 

 

これから、少し寝て明日は札幌のお客様に

 

感動を与えれるような仕事をしてきます。

 

メガネ1

メガネ。

 

メガネをかけ始めたのは、30歳過ぎてからだと思う。

 

メガネなしでは、車も運転できず、ましてや鏡に映るお客様の顔も

 

ぼやけ、髪の毛なんて、一つの塊のようなもの。

 

今や、視力もかけ始めた時より、悪くなり0.05以下。

 

掛ければ掛けるだけ目が悪くなっているような気がする。

 

でも、掛けなければ周りはボケてはっきりしたものは見えず、

 

仕事も生活も不住な毎日を送らなければならない。

 

目が悪い方はわかってもらえると思う。

 

そんな中、釧路で私のわがままを聞いてくれるお店がある。

 

それは、メガネの早川。

 

担当してくれるのも当然、早川社長。

 

今回もわがままを聞いてもらった。

 

私は、単にメガネの早川に行くのがめんどくさく、

 

早川社長に電話をした。

 

こんな感じのメガネないんですかと・・・?

 

早川社長は、こんなのあるので見に来てくださいと。

 

ま~普通の流れだ。

 

でも、私は行くのがめんどくさく、社長にLINEでいくつか

 

写真を撮って送ってくださいとお願いした。

 

そうすると、社長はすぐにYES。

 

今思えば、なんてわがままな客だと自分でも思う。

 

でも社長は、数点の写真を送ってくれた。

 

なんて、お客様思いの社長だと思う。

 

私なら、このクソガキちゃっちゃと店に来いと言ってしまうかも・・・?

 

そして、写真を送ってもらい、電話をし写真を送ってもらい

 

電話をしの繰り返しをしてるうちに、

 

私は、「行ったほうがはやいですかね~」と尋ねた。

 

社長は、もちろんYeS。

 

そしてお店に足を運び、写真を送ってもらったものを

 

買い、数分で購入。

 

最初からそうすればよかったのに

 

社長の時間を無駄にしたような気がした。

 

そして、私は今回も満足し帰宅。

 

社長いつもありがとうございます。

 

追伸、いつもわがままに聞いてもらいありがとうございます。

 

次回、無茶ぶりメガネ。

 

体力

最近、体力がなくなったような気がする。

 

特に、何も変わっていないはずが、

 

体が悲鳴を上げるようになったような気がする。

 

一年一年確実に年をとっている。

 

思えば、もう40代一歩手前。

 

 

先日、いつものように朝4時札幌に向かい10時から仕事。

 

休む暇もなく7時まで仕事し、その後8時から打ち合わせをし、

 

家に着いたのはAM3時、また朝10時から釧路で通常営業。

 

今まで、このくらいの仕事量なら特に何もなかったはずが、

 

疲れがなかなかとれない。

 

先日、疲れもあってか熱を出した。

 

もう20代のようにいかないとわかっていても

 

鞭をうち楽しくやるしかない。

 

と、言い聞かせながら未だに体調はよくならず・・・。

 

一歩

技術、技術は終わりがない。

 

毎日来るお客さんの中で、毎回違う技術を思い浮かべる。

 

この人だったら・・・・

 

どうにか、素敵にしたい。

 

考えているものは、それしかない。

 

そして、よく思うのが何でもできたらいいのに???

 

パーマーやカラー何も気にしないでできたらいいのに・・・

 

仕事や、環境などによってできることも変わってくる。

 

でも、全力でやるしかない。

 

中途半端な自分を見てよく思う。

 

今年の最初の目標は「全力」と書いた。

 

いつも、シャンプー台の横のところにマジックで書いてある

 

それを見るたびに、全力なのかと自問自答。

 

ダメな自分と向き合うと、どうしても弱い自分になってしまう。

 

今年は、いろいろなことが変わってくる。

 

39歳ここから一歩踏み出していこうと・・・・。

 

1 2 3 4 5 6 7 23