釧路市双葉町の美容室JIN(ジンへアーインプレッション)。ヘアースタイルでお悩みの方はご相談ください。

お客様の涙

 

今日、新規のお客様が来店された。

 

数日前に店に一本の電話が鳴った。

「髪のダメージで相談したい」

  

若い女性が、深刻そうな声で、

必至で訴えかけているのが伝わってきた。

 

 どうにか悩みに答えたいと思ったが、髪の毛を見ないと

何とも言えないので、予約の日時を決め来店してもらうことに。

 

 

本日お客さんが来店された。

 

お客様はソファーに座り、髪のことをいろいろ話しはじめた。

内容を聞いていると、唖然とした。


 内容はこうだ。

一週間前に、いつも行く美容室に行った。

注文は、「いつものように」と本を読みながら、気がつくと、

髪の毛がチリチリになりボサボサになっていた。


「鏡を見ると髪の毛が痛み、

セットがうまくできず、毎日が苦痛でしたと・・・・・・」

 

 見てみると、中々街ではみかけないヘアースタイル。

 

まず、髪に対するコンセプトが何かがわからなかった。

 うまく説明出来ないが、

 

 

 後ろの髪は、肩下20㎝センチ以上あるのに対して、

横が10㎝もない、トップも10㎝位で、

トップはお客さんがブロー出来ないくらいの

クリクリしたパーマがかかっている。

 

お客さんの年齢、ファションなどを考えてみても、

 私には理解ができなかった。

 

 これを見て、

「どんなヘアースタイルに、したかったんですか?」

 と聞いてみた。

 

お客さんは、

「何も言ってないし、おまかせでしたから・・・・」

と答えた。

 

さらに聞いてみると、

 最初はサイドもトップも長かったみたいだ。

 

 推測だが、ダメージしている髪に、

 パーマとカラーを同時に施術してしまったせいで

 髪がチリチリになり、傷んでいるところを

 どうにかしたいと思い、整えているうちに、

 スタイルもおかしくなり、

 だんだん短くなったのではないかと思う。

  

 髪を修復するにあたり、もっと詳しく聞いてみる事にした。

 

お客様は、下を向き悲しそうに話し出した。

 

一度、家に帰り鏡を見たお客様は

やはり納得出来ず、もう一度美容室に行ったらしい。

 

勇気を振り絞り、担当の美容師に

「この髪、もう少し何とかなりませんか?」と言った。


そうしたら、「これ以上、治せません!」と

 冷たい言葉を浴びせられたのだ。

 

 

私はビックリしてしまった。

 

 

私は、美容師を16年やっている。

 正直、自分で納得した技術を提供できなかったときもある。
 

そういう場合は、

「もう一度、時間を作ってもらえないですか?」

 頭を下げることもある。


それを、一言で

「治せません!」という美容師も居るのは、事実。

 

  

 確かに、至る所に美容室がある時代で

低価格化が進み、研修に時間もかけられず、

スタイリストになる場合もあるくらい。

 

 

実際、こういう相談も多い。

 

ただ、私は「お客様に喜んでもらいたい、感動させたい。」

これが、私の気持ちなんです。

 

私は、自分の信念に基づいて頑張っていきたい。

髪 かみ kami 神 ?

今日の天気は、雪模様、いつになったら春が来るのか?

 

わからなくなってくるような天気です。

 

桜が咲き春らしくなるのも、遠くなりそう思いながら、

 

ブログを書いている神ですが????

 

 

 

さて、本題に入ります。

 

前回の続きで、髪の一本の寿命は、どれくらいでしょう~?

         

         ↓

         

         ↓

         

         ↓

        

 

答えは、男性が、約3~5年で女性が、約4~6年です。

 

女性のほうが、髪の毛一本の寿命が長いんです。

 

だけど、世界ギネスブックに載っている、

 

髪が世界一の長い人は、男性です。

 

 

ベトナムのグエンさん、74歳。

 

40年以上髪を伸ばし続けた結果、

 

なんと髪の長さは、6.2m以上、驚きです!!!!!!!!!!!

 

しかも、ベトナムでお医者さんをしています。

 

これまたビックリです。

 

 

もし私に髪を切らせてもらえるなら、誰もがビックリするような

 

芸術のヘアースタイルを作ってみたいと妄想する神でした。

 

 

 

 

 

 

 髪 かみ kami 神 ?

 

 

今日は、神は休日です。

 

 

ビデオ借りてきたのですが、面白くなってきたぞと思ったら

 

何回やっても止まるので、ビデオは終了。

 

 

 

 

 

 

そんな感じで、休みにも関わらず、パソコンの前に居る神。

 

 

 

話は変わりますが、先日お客さんにこんな質問をされました。

 

「髪の毛は、いったい何本生えているのですか?」

 

さ~何本生えていると思いますか?考えてみてください。

 

数えてみてもいいですよ(^-^)

 

↓ 

 

 

 

 

答えは、平均で十万本といわれています。

 

これは、30年くらい前に、大学生がピンセットで数えたみたいです。

 

十万本です!!!!!!!!

 

知っていましたか?

 

おまけにもう一つ、質問です!

 

髪の毛は、一日何㎝伸びるでしょう?

 

 

↓ 

 

 

 

 

 

 

だいたい1ヶ月で1㎝以上伸びます。

 

髪の毛は、寝ている間にも伸びているんですよ。

 

 

 ついでにもう一つ!

 何かきこえてきたな~しつこい?

 

神は、へび年ですから!

ジンは髪が好きでしょうか? 

 

↓ 

 

 

 

 

 

 

髪の毛、あまりにも未知の世界なので、かなり面白い。

 

調べれば、調べるだけ新たな発見があり、

 

かなり面白いです。

 

近いうち髪の毛博士になるかも・・・・・・(笑)

 

 

次回は、また質問しながら髪の毛の話をします。

 

 

 

答え、大大好きです。

だいたい、0.03mm~0.05mm伸びているんですよ。

神トリートメント

最近は、乾燥しているせいか、やけに痛んでいるお客様が多いような?

そんな方々の為に

神のトリートメントで、どうやって治しているの詳しく説明します。

まず、髪は皮脂細胞と言って修復する力はなく、自分の力では戻りまん。

爪も同じで皮脂細胞で、切っても痛くもないし、血も出ません。

 

 

そんな皮脂細胞を治していると言うか、元の近い状態にしています。

 

例えば、髪はダメージすると髪の毛の中にあったケラチンなどが抜け出て

穴(ボイド)が開き、そしてキュウティクルがはがれます。

次第に髪の毛はボイドだらけになって

パサパサの髪の出来上がりです。

(ボイドが多くなると、枝毛の原因になります。)

そんなヘアースタイルを、作られたお客さんは納得しません。

女性は髪が命ですから(^_^)

じゃ~パーマ屋は、このボイドを埋めなければなりません。

どうやって?

それは企業秘密です(-_-;)

なんて・・・・・・・・・・・

 

ボイドを埋めるためには、小さいケラチンと中くらいのケラチン大きいケラチンと

オイルを神は使っています。

必要があれば、違う薬液もつかいます。

まず穴を埋めるには、小さいケラチンを使い

穴の周りにつけます、それではまだ穴がふさがった状態ではないので

次に中くらいのケラチンを使い

最後に大きいケラチンをを使います。

これでもまだ、小さい穴が開いているので、前にも言ったCMC

(カルボキシメチルセルロースの略)オイルをぬって上げることによって

完全に穴(ボイド)を埋める事ができるのです。

そして、ケラチン同士をくっつけてあげる薬(ヘマチン)を使って、

アルカリ除去の薬を使って、髪の内部の修理は完成です(^_^)

今度は外壁(キュウティクル)を治さないといけません。

艶を出すには表面が、ガタガタでは艶が出ません。

鏡を太陽にあてたように眩しいく反射するためには

髪の毛の表面を、凹凸のないようにする薬(キトサン)を使います。

(医療でも使われているキトサンをつかい、髪の表面に薄いフィルムのような膜を張り、

髪の毛を保護します。)

これで髪の毛は、ツヤツヤピカピカの髪の毛の出来上がりです。

 

 

髪の毛バカたち!

今日の、私の話し相手は「髪の毛バカ!」

 

 

髪の毛バカが集まると、どうしても髪の毛の話になる。

 

 

 

髪の毛バカだけではなく、お客さんは男女問わず

 

髪の毛に問題を抱えている人も多いはず?

 

それについて、どう解決するのかが

 

髪の毛バカの腕の見せ所だ!!!!!!!

 

 

髪の毛バカたちの話は、

 

どうしたら、お客さんに喜んでもらえる、髪の毛になる?

 

どうしたら、今のヘアースタイルよりもっと綺麗に、かっこよくなれる?

 

どうしたら、今より髪が・・・・・・・・?

 

 

どうしたら、どうしたらの連続で話は尽きない。

 

 

 

薬剤の話は当たり前で、元素記号で話しをしているくらいの

 

バカたちが集まっている。

 

こないだも問屋さんに、もっといい商品ありませんか?

 

と詳しく薬剤や元素記号などで話をし、これはこうでという話をしたら、

 

神さんは、自分で作ったほうがいいよと、

 

さじを投げられたくらいだ。

 

 

 

 

どう考えても、誰が聞いていても髪の毛バカだ!

 

頭の中は、髪の毛、髪の毛、髪の毛・・・・・・・・・・・?

 

 

 

だから、ヘアースタイルを造っているのかもしれない?

 

だから、経営者をやっているのかもしれない?

 

だから、髪の毛バカをやっているのかもしれない?

 

 

そんな仲間たち囲まれている神。

 

問題があるから、少しずつでも解決の道を探す。

 

そのために、大切な仲間がいる。

 

 

もっと、もっと、今よりもっと

 

お客さんの喜ぶ顔がみたい!!!!!!!!!

 

『なぜなら本物の髪の毛ばかだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 24 25 26 27 28