釧路市双葉町の美容室JIN(ジンへアーインプレッション)。ヘアースタイルでお悩みの方はご相談ください。

紫外線  (ultraviolet)  UV

日差しが強くなってくると、気になる紫外線。

お肌の方は、UVケアーはバッチリだと思うのですが、

髪の毛のほうはどうでしょう?

紫外線とは、地球に届く太陽光の中で一番強いエネルギーで

これが、人体や髪の毛に悪影響を及ぼします。

紫外線は、髪や頭皮を乾燥させ、

髪の強さを保つ、たんぱく質結合を破壊し

メラニン色素を変色させ、キュウティクルを剥がれやすくします。

この写真は、一か月間外で仕事をした褪色した髪です。

2009_0810_152242-CIMG0037

 これは、一か月半前の写真です。

2009_0810_173529-CIMG0038

どうでしょう?

紫外線だけで、これだけ色が褪色し、パサパサの髪になります。

お肌も大事ですが、綺麗な髪にするには髪のUVケアーが必要です。

オリジナルトリートメント

さて、今日はかなりの達成感がある神。

 ここ数日、髪が良くなる勉強をしていた。

スーパーなどに行き、トリートメントの

内容成分を片っ端から見たり、問屋や美容室でいろいろ調べた結果

すごく、いいものを見つけた。

出来上がりは、こんな感じです。

 2009_0808_182945-CIMG0008 

(写真は加工していませんしブローもしていません。整髪料もつけていません。)

 トリートメントに、この見つけた薬を入れると、

 かなりのピカピカ、しかも手触りも最高です。

 今までのトリートメントの中で、最高の仕上がりです。

 是非、髪質が良くない方は試してみてください。

 なにも良くならなければ、返金ありです。

 それと、今神特製トリートメント開発中です。

今数人に分けて、テスト中です。

ダメージヘアー

ダメージが気になる方は、くせ毛の方が多いようです。

 その理由は、色々ありますが

 その中でも、過度によるドライヤーの使い過ぎ、

 縮毛矯正などなど

 熱による髪のぱさつきが

 毛先が広がらせ、髪が治まらない人が多いようです。

  

では、どうしたらいいのでしょう?

 解決策は二つ。

 1 我慢してひたすら髪が伸びるのを待つ。

 2 美容室に行ってケアーをして髪をなおす。

 私の中で、ホームケアーで治ると聞いたことがありません。

  

今よりよくするには、1、2のこのどちらかしかありません。

 1はともかくとして、2の美容室で治すというのも

 程度にもよります。

 美容室でトリートメントをして、一回で治る人と

 半年くらいかかる人もいます。

 病気と同じです。

 頭が痛いと思って、風邪薬を飲めば治る人と、

 薬を飲んでも、治らないから病院に行って治すというように

 ダメージは深刻です。

 –

神ヘアーは、髪の毛の病院です。

 女性のダメージヘアーと真剣に向き合って行きたいと思ってます。

髪をきれいにするには、傷めないことが重要

髪が綺麗になる方法。

 

残念ながら何もしないで、髪が綺麗になる方法はありません。

 

なぜなら、毎日紫外線や乾燥など髪の毛は 毎日ダメージにさらされているからです。

 

おまけに髪の毛は、自己修復する力がありません。

 

でも、綺麗な髪になりたい、今より良くしたい そんな方は、

 

傷めないことが重要です。

 

そこで、髪が傷んだ人の例をあげます。

 

1 コテやアイロンを毎日使っている。

 

2 乾かさないで寝る。

 

3 縮毛矯正を毎月かけている。

 

4 デジタルパーマをかけている

 

 5 カラーパーマをいつも同時に施術している。

 

6 週に数回、プールや海に行っている。

 

 7 カラーやパーマをしているけど、ケアーをしない。

 

以上のことは、どれも髪が非常に傷みます。

 

 これらのことに注意してください。

札幌美容室 髪の毛奮闘記

駆け込み寺となっている神ヘアー。

 

女性が髪が傷むということは、かなりのショックだということが、

 

お客さんの話を聞くと伝わってくる。

 

今日もとても髪が傷んで悩んで、インターネットで探しまわり

 

何十件のホームページを見て、私のブログを見てきたという

 

新規のお客様が来店された。

 

 

話を聞くと、あまりの髪のダメージにヘアースタイルもままならく、

 

数日前の約束していた花火大会も、キャンセルし

 

外にも出たくないという、その気持ちを考えると私も大変心が痛い。

 

もし自分だったら、もし私が女に生れていて、

 

大事な髪をグシャグシャニされたら?

 

このお客さんのように外にも出たくないのかもしれない。

 

同じく予定もキャンセルするかもしれない。

 

私も話を聞けば聞くほど、苦しくなってくる。

 

 

その気持ちにもっと答えてあげたまければ

 

もっと勉強しなければとつくづく思った。

 

今のままではダメだ、もっと勉強しなければと。

1 22 23 24 25 26 27 28 30