釧路市双葉町jin ヘアースタイル・ダメージヘアーでお悩みの方お助け致します。

謎の中華や 麺や中華 NO.3

そして、次に出てきたのは、エビチャーハン。

 

まず驚くのは、量の多さにビックリ!

 

米2合ぐらいはあるのではないかという量の多さ。

 

これは、たくさん食べる人にはかなりうれしい量だ。

 

 

 

そして、小籠包。

 

蒸気で蒸された小籠包はとても柔らかかったです。

 

 

 

 

最後に、一番気になっていたラーズ―シー。

 

説明には、鶏肉の四川風炒めと書いている。

 

四川風?

 

四川風ってなんだ?

 

調べてみると、中国四川省の郷土料理と書いている。

 

ま~調べてもよくわからないが、これ以上しらべても

 

納得する回答がえられず終了。

 

このラーズーシー、半端な鷹の爪の多さです。

 

スーパーで売っている鷹の爪を2袋は

 

入れてのではないかという量です。

 

 

味は、「ん~思ったほど辛くはないな~。

 

(私は辛さには結構強いです。)

 

でも、酒のあてにいいと思います。

 

そして、これも量はチャーハンなどと同じく

 

量が半端ないです。

 

そんな感じで店を後にしました。

 

 

最後に、このお店は味、コスパ、量、金額

 

とても、良心的なお店だと思います。

 

 

ちなみに、スタッフは全員中国人なので・・・・。

 

私は今月3回は行きました。

 

謎の中華屋 NO.2 参上

 

オーダーも終わり、ビールを一口二口と

 

飲んでいると、店員が近づいてきた。

 

その手には、マーボー豆腐を持っている。

 

さすがに、頼んで5分も過ぎていない

 

「俺のではないな~。」

 

と、思いながらもこの店の最初の客は私だ。

 

衝撃の速さで、目の前に超高速マーボーが参上した。

 

早すぎではないか?

 

ここで、疑問が涌いた。

 

「ちゃんと作ったのか?」

 

「出来たのを、温めただけではないか?」

 

疑い始めた。

 

 

そんなことを考えていると

 

次々と料理が目の前を、埋め尽くした。

 

「おかし~。」

 

「おかし~い。」

 

「ここは、牛丼屋か?」

 

作り置きではないのか?などなど頭をよぎる。

 

そこで、私は耳を澄ませた。

 

厨房の中から、「シャッシャ、シャッシャ、コンコン」

 

てな具合に、中華鍋とおたまの音が響いている。

 

私たちしかいないけど、尋常でない速さで

 

驚きを隠せなかった。

 

そして、最初に参上したマーボーは

 

鍋が温められグツグツ今でも噴火しそうなマグマのようだ。

 

 

そして、肝心の味は?

 

一口目、「あっち。」

 

全く、熱くて味が分からない。

 

おやくそくだ。

 

フーフーしながら、口の中にいれると

 

「ん~これは日本人合わせた、マーボーかな・・・。」

 

これを、単品で食べるなら

 

ご飯があると最高においしく感じれると

 

勝手な解釈をした。

 

なぜなら、辛さと甘さ系のマーボーは

 

昔から誰でも一度は口にしたことがある

 

ご飯にかけて、おいしく食べられる定番中の定番だ。

 

それ以上に、おいしく食べれる方法は

 

私は知らない。

 

逆に、山椒系のマーボーは酒との相性は抜群だと思う。

 

そして、二品目ホイコーロー。

 

まず見た目に驚いたのは量の多さ。

 

皿8割は食材で埋まっている感じだ。

 

もし、一人で着ていたらとても出ないけど食べきれない量だ。

 

二人でも無理ですが・・・・

 

コスパは、最高だ。

 

味は、「ん~わるくない。」

 

キャベツを炒めすぎず触感をのこしている。

 

味は、優しい味だ。

 

勝手な考えだが、味を薄味にすることで沢山たべれるようのに

 

薄味にしているのかも?

 

真意はわからないが・・・・・?

 

トータル的に、このホイコーローも満足した。

 

 

次回予告 全部半端ない・・・・・

 

謎の中華や? 麺や中華

 

最近、外出するのも後ろめたさがある今日この頃ですが、

 

駅裏にある、麺や中華に行ってきました。

 

評判もまったく聞かない、中華屋、ラーメン屋と

 

思いながら、「いったい何屋だよ?うハッキリすれよ。」

 

と、道中思いながらも到着。

 

 

ここには依然、焼肉屋があり、一回行ったことはあるのですが

 

気が付いた時にはなくなっており、その次入ったのが

 

この、麺や中華。

 

大丈夫かと思いながら店のドアを開ける。

 

テーブルなどは、以前の焼肉屋とほぼ一緒。

 

違うとすれば、中華屋の天井にヒラヒラついているのが付いてるのが

 

変わっただけかな?

 

あとは、特に変わってはいないと思う。

 

 

そして、オーダー。

 

メニュー表を見てみると、ここは、ラーメン屋ではなく

 

中華料理屋ということが分かった。

 

そして、もう一つわかったのが値段は、少し安め。

 

1000円以上のメニューは、ほぼない。

 

「ま~この場所では妥当かな・・・・?」と

 

勝手な判断を下す。

 

気軽に、来れるいい店だ。

 

いやいや、メニュー表を見ただけで決めるのはまだ早い。

 

何回騙されたことか・・・・・・。

 

肝心なのは、金額ではなく、あじあじだ~!!!!

 

そんなことを、思いながら何を注文する考える。

 

 

まずは、ビールから。

 

サッポロラガーを頼んだ。

 

値段は400円、まず発泡酒ではないのかと疑った。

 

今時400円でビールを出す店は私は初めてだ。

 

カンパーイ。

 

「ゴクゴク。」

 

「ぷは~、こっこっこれは、発泡酒じゃなあ~い。」

 

「ほんものだ~!」

 

 

そして、私の中でこの店のポイントがい1上がった。

 

今時居酒屋のビールは、600円以上する中

 

ビール好きには、たまらん値段だと思う。

 

頑張っている値段だ。

 

頑張れ~。

 

 

そして、メニュー表を見ながら注文。

 

まずは中華と言えば、マーボー豆腐。

 

私は、山椒がきっちり効いていて、少し辛めなのが好きだ。

 

マーボーは、中華に来たら私は必ず頼む。

 

そして、中華と言えばホイコーロー。

 

ホイコーローの醍醐味は、キャベツをあまり火をとおし過ぎず、

 

キャベツの触感を楽しみながら、口いっぱい柔らかい豚肉とキャベツの触感を

 

楽しむのがおいしい。

 

これも楽しみ一品だ。

 

そして飲茶、エビチャーハン、

 

最後に謎の、壁に写真付きで頼んでくれと、言わんばかりの料理が。

 

その名もラーズーシー、聞いたことも食べたこともない

 

ラーズーシーラーズーシーなんかおいしい気がしてきた。

 

「ラーズーシーカモ~ンー。」

 

一人で盛り上がってしまった。

 

ちなみにラーズーシーは、辛さMAXの3だ。

 

どんな味の、中華料理が出てくるかが、楽しみだ。

 

ワクワクだ~。。。。。

 

計5品でとりあえずSTOP!!!!!!

 

 

次回予告 参上さんじょ~。

 

「新北海道スタイル」安心宣言

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、「 7つの習慣化 に取り組みます!

1.スタッフのマスク着用や小まめな手洗いに取り組  みます。 

2.スタッフの健康管理を徹底します。

・ 毎日の体温チェック

3.施設内の定期的な換気を行います。

4.設備、器具などの定期的な消毒・洗浄を行います。

・ 消毒液の設置

5.人と人との接触機会を減らすことに取り組みます。

  ・ 一定の距離(2m程度)を確保するソーシャルディスタンシング。

6.お客様にも咳エチケットや手洗いを呼びかけます。

7.店内掲示やホームページなどを活用し、  お店の取組をお客様に積極的にお知らせします。

(感染症対策の可視化(見える化))

                        Jinhair impressed

コロナ対策

 

コロナ対策で、皆さんも大変ストレスを抱えてることと思います。

 

そして、医療従事者の方々には、心から感謝しております。

 

当店では、マスク着用、飲み物は紙コップ使用

 

お客様が座るカットチェアー手に触れるものは、ひとつひとつ消毒をしています。

 

手のアルコール除菌も用意しております。

 

皆さんも、大変だと思いますが、この状況を皆さんで乗り越えていきましょう。

 

そして、当店では数院の医療従事者へマカロンなどを寄付いたしました。

 

 

1 2 3 4 49