釧路市双葉町jin ヘアースタイル・ダメージヘアーでお悩みの方お助け致します。

あきらめないこと・・・

主婦なら、誰でも作ったことがある食べ物。

余ったご飯や冷凍ご飯で、作るのがチャーハンだと思っていた私。

この本を、読んでチャーハンは炊き立てのご飯で作ると書いてある。

ミクロの世界でも、検証しおいしいと書いてあったので、

早速炊き立てのご飯で作ってみた。

レシピは、本のとうり。

 

時間、分量、全てに関してほぼ同じ。

だが、出来上がってきたのは、

べちゃべちゃのクソまずいチャーハン!

「こんなの犬でもくわねぞ~~~~~~~~~~~~~。」

「パラパラどこいった~~~~~~~~~。」

しさしぶりの、オリジナルクソまずクッキング。

これなら、自分でいつも作っているチャーハンの方が数倍いい。

 

なんで、ここまでたかチャーハンをネタにしたかというと。

今までのチャーハンより手間がかかったから。

そして、手間暇かかったぶん、くやしいのが本音。

 

つくり方はこうだ。

まず、炊き立てのご飯をボールに移し水をかけぬめりをとり

今度はサラダ油を少量かけ、

この時点でいつもよりおいしいチャーハンになると

確信していたのだが、

運命は、そうはいかなかった。

卵の入れるタイミング時間

ご飯の入れるタイミング、全てにおいて

ほぼ完ぺきなはずだが、出来が上がったのは

前述、述べたとうり。

クソまずチャ~ハン~~~~~~~~~~~~~~~~~。

 

だが、仕事から帰ってきてまだ残っていたので

再び、無い知恵を振り絞って考えた。

「ここから、どうすれば・・・。」

そして、閃いた。

前回の味付けは、塩コショウだけのシンプルチャーハンだったが、

私はここで、コチジャンを入れた

そうすると「こりゃ~うめ~~~~~~~~~~~。」

再び熱を入れ、コチジャンを入れただけなのに

こんなに、変わるんだとつくづく思った。

そして、私の職業も同じなんだろうとつくづく思った。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。