釧路市双葉町jin ヘアースタイル・ダメージヘアーでお悩みの方お助け致します。

こはまスペシャル

 

 

 

毎年恒例の、大間のマグロ釣り漁師。

 

この時期は、必ずテレビでやっている。

 

私は、このテレビ番組がとても好きです。

 

なぜなら、大間のマグロに命を懸けている

 

漁師たち本気で戦っているからだ。

 

 

その一人に、小浜という88歳の漁師がいる。

 

88歳、現役漁師こはま。

 

88歳ですよ~。

 

凄いです。

 

凄すぎます。

 

命かけてます。

 

 

この漁師は、正直ボロ船でマグロと戦っています。

 

周りは、最新の機器を搭載されている船を使って、

 

マグロ釣りを挑んでいるのにもかかわらず。

 

 

でもコハマには、コハマスペシャルという

 

最大の武器を持っている。

(トビウオを生きているように海の中で見せる技術。)

 

そんなコハマを見ていると、何とも言えず応援したくなってきます。

 

「頑張れ頑張れ~釣れろつれろ~」と。

 

コハマが漁に出れば、毎回釣れず

 

時には「マグロがかかった」と

 

言えばCMになり、結果は

 

可愛く「ダメだ~。」の一言。

 

そしてまた、「かかった。」と言えばCM。

 

今度こそは、釣れたか~と思うと

 

またもや「だめだ~。」の一言。

 

見てて、どうにか釣ってほしいと心の底から思う。

 

「釣ってくれ~~~~~おねがいしま~す。」

 

そして、今回も「かかった。」と言いCM

 

釣れたか、釣れたかと思いながらも

 

CMが開けると、今回は本当に釣れたと。

 

「よっしゃ~」と思わず叫んだ。

 

88歳の身体に鞭をうち、荒波の上を転んだり

 

体勢をくずしながらも、どうにか今回はマグロを釣った。

 

よしよしと思いながらテレビを見ていると

 

何だか様子がおかしい。

 

マグロを、船に少しづつ近づけると

 

鋏のようなものをコハマは持ってきて

 

糸を切ってしまった。

 

「どうしてだ~~~~コハマ~。」

 

見ている私には、何が起きたのかさっぱりわからず

 

息をのみながらテレビを見ていると

 

小ぶりのマグロが釣れていた。

 

どうやら、30キロ未満のマグロは海に返さないと

 

いけないらしく、残念ながら今回もコハマは釣っていなかった。

 

「あ~どうにか釣らせてあげれないかな~。」と

 

いつも思います。

 

あんなに、頑張っているに。

 

見ていて、とても悔しいです。

 

どうにか、みんなで寄付をして最先端の機器を

 

付けてあげれたらな~と思います。

 

 

来年は、絶対絶対釣れてることを祈ってます。

 

がんばれこはまさ~~~~ん。

 

 

 

そして、私はなにやってんだろな~と考えらせられ

 

「あ~~。」

 

「俺は・・・・。」

 

 

 

コメントは受け付けていません。