釧路市双葉町jin ヘアースタイル・ダメージヘアーでお悩みの方お助け致します。

カンボジア NO,5

 

今回の旅は、カンボジアは3日間で、

 

もう2日間あっというまに過ごし、最終日。

 

特にすることもなく、街ブラをしようと外へ。

 

街を歩いていると、お土産屋さんがあったので入ってみると

 

ま~特に目新しいものはなく、いつも通りTシャツを購入しようと

 

思い、店員さんに値段を聞くと、

 

「ハウマッチ?」

 

「8ドル。」

 

私は相変わらず東南アジアは、ぼったくってくるな~と思い

 

私は、値段交渉の戦いを挑んだ。

 

正直、値段交渉はうまいです。

 

「NO、2ドル」

 

「5ドル。」

 

「NO,2ドル。」

 

「4ドル。」

 

だんだん値段が下がり

 

「NO,2ドル。」

 

「3ドル。」

 

「NO,2ドル。」

 

「OK、2ドルね!」

 

数分こんな感じで、値段交渉を成立させ

 

さらに、置物の購入しようと思い店員さんに値段を聞くと

 

「5ドルね。」

 

私はすかさず「NO、2ドル」

 

そして、店員さんはまた少しずつ値段を下げ

 

最終的に2ドル。

 

この、漫才というかよくわからない時間は何なんだろうと

 

いつも思いながら。

 

最初から2ドルって、言ってくれればいいのに~。

 

ま~これも旅の醍醐味で楽しいのですが・・・・^^

 

そして、数十枚のTシャツと置物を購入し

 

ホテルに帰ろう思い、トゥクトゥク

 

(バイクに、荷台がついているタクシーみたいな乗り物。)

 

に、乗って帰ろうと思い

 

 

 

私は、チョット思った。

 

また、ドライバーと値段交渉か~。

 

英語もままならない、出川バリの英語で

 

値段交渉です。

 

「ここから、ホテルまでいくら?」

 

「8ドル。」

 

始まったよこの近い距離、日本でもその値段しないよ~。

 

初乗りで行ける金額だよと思いながら

 

また値段交渉。

 

「NO2ドル。」

 

「5ドル。」

 

また、少しずつ値段が下がり

 

交渉成立。

 

なんか、なんでも2ドルで足りるような気がしていました。

 

そして、風を感じながら

 

 

 

数分、ホテルに到着。

 

そうすると、運転手が思わぬことを言ってきました。

 

運転手は、バイクを降り手を大きく広げ

 

「ウォ~ファイブスターホテル3ドルね~!!!」

 

「ハッ?」 さっき2ドルと言ったじゃねかよ~~。

 

そして、この運転手の満面な笑顔とオバーリアクションで

 

私は、爆笑し3ドル払いました。

 

いや~カンボジアは、ホテルで値段が変わる恐ろしい国です。

 

勉強になりました。

 

「ウォ~5スターホテル3ドルね~!!!」

 

私も店でやってみようかな~~と思いまいた。

 

絶対、怒られる・・・?

 

今でも、あのオバーリアクション、

 

記憶に残ってクスクスしてしまいます。

 

ちなみに今回泊まったホテルは、

 

ソカ アンコール リゾート シェムリアップというホテルです。

 

ま~普通かな?

 

特に感動はしなかったです。

 

 

次回、ベトナムリバークルーズ。

 

コメントは受け付けていません。